■参拝の仕方や神社の諸施設のご案内■

◆其の壱 手水の作法

神社の鳥居をくぐりましたら、まず手水舎で手と口を清めます。右手で柄杓を取り、左手を漱ぎ次に持ち替えて右手を漱ぎます。そうしたら、柄杓を右手に持ち左手に水を取り口を漱ぎます。最後にもう一度左手を漱いで柄杓を戻します。この間、柄杓に1杯の水ですませます。

◆其の弐 神社参拝(二拝二拍手一礼)基本形

◆通常のお参り

先ず鈴を鳴らし、お賽銭を上げ祈念します。
次に、二拝二拍手一礼(二度拝礼、二度柏手、一度拝礼)

◆正式参拝作法(昇殿参拝)

神社で渡される榊(玉串)を持って神前へ進み、榊は根本が神前に向くように「の」の字に回転させ祭壇に安置。 そして二拝二拍手一礼。

■六曜について

大安や友引など日にちの吉凶の目安としてください。

迷信と一笑に付さず、先人の知恵も拝借して、良く検討を。

先勝せんしょう諸事急ぐのが良し。午後は良くない。
友引ともびき朝夕良し。正午悪く、葬式を忌む。祝い事よし。
先負せんぷ諸事静かなることに良し、午後は大吉。
仏滅ぶつめつ万事凶、口舌を慎むべし。患えば長引くおそれあり
大安たいあん移転開店など万事に良し。大吉日。
赤口しゃっこう諸事油断するべからず、用いるは凶。正午は吉。

■境内の諸施設について

神社の境内には、下記の建造物があります

鳥 居とりい

神社の門の一種として用いられ、神域を表示し、この中が神聖な処であることを表しています。 鳥が止まった門であるとも、通り入るから鳥居とも云われています。

手水舎てみずや

参拝をする前に、手を洗い、口をすすぎ、心身を浄め,お参りの為の準備をする処。

狛 犬こまいぬ

悪霊,邪な心を祓って神域を守る霊獣。阿吽の呼吸で人の一生を見守ります。

注連縄しめなわ

ここからは神域であるということを示すもの。各神社で様式があります。

すず

鈴の音で参拝者の邪気を祓い、神様に其の音を届ける。

賽銭箱さいせんばこ

散米箱として米を捧げていたものが、金銭をもって感謝の誠を捧げるようになったもの。

御神木ごしんぼ  

神聖な木。ふるくは依代(神様が降臨する)とされています。

絵 馬えま

馬を奉納して祈願する形から変化し、絵の馬を納める形になった。

灯籠とうろう  

神様に明かりを奉るために火を灯す道具。各種形式がある。

本 殿ほんでん  

神様をお祀りしている建物。一般には奥の院と呼ぶ方が判りやすい。

幣 殿へいでん

神様に捧げ物をしたり、祝詞を奏上する建物。

拝 殿はいでん

神様を拝する建物。

神楽殿かぐらでん  

神様に歌や舞(御神楽)を捧げる為の建物。

社務所しゃむしょ

神社の事務を執ったり、神社の管理等を行う建物。

薬師寺八幡宮社務所