古代より神道では、人は死して神になると考えています。そこで故人が神様の世界へ旅立ちされる日の儀式を神葬祭といいます。生死を神のはからいと考えていた死生観。神々の世界から生まれ、やがて神々の世界へ帰ってゆく。死者の世界は生活の場の近くにあり、この世と交流をもって、草場の蔭から子孫を見守ってくれていると云われております。


・神道の葬祭では、下記のお祭りを行います。


■帰幽報告祭(きゆうほうこくさい)

氏子が亡くなると、氏神様にその旨をご報告申し上げるお祭り。

■遷霊祭(通夜祭)(せんれいさい)

通夜に行われ、白木の御霊代(みたましろ)にみたまをお遷しするためのお祭り。

■葬場祭(そうじょうさい)

告別式といわれるものです。故人の生前の功績、お人柄を顕彰し、お別れをします。

■火葬祭(かそうさい)

御遺骸に対し最後のまつりを火葬場で行います。

■帰家祭(きかさい)

葬儀場又は墓地より帰り、霊前に霊璽と遺影を安置し、悲しみの中にも葬儀が事終えた旨を霊前にご報告するお祭り。

■霊前祭(れいぜんさい)

5日.10日.20日.30日.50日.百日祭と行います。 特に50日.百日祭は、忌み明けの祭儀として重要です。

■年祭(ねんさい)

百日祭の後は、1年、2年、3年、5年祭、10年祭と行います。 その後は、10年ごとに御霊祭を行い故人を偲びます

■祖霊祭(それいさい)

50日、百日祭の後、御霊を先祖の御霊舎にお遷しする儀。 春秋はじめ、折々のお祭りをします。

■祖霊舎(それいしゃ)

祖霊をお祭りする社。(仏教でいうお仏壇)

■墓表(ぼひょう)

神道の墓標は、表に何某之奥津城を記し、裏に亡くなった年月日を記します。

次へ

薬師寺八幡宮社務所