地震予知に挑戦!

------------------------
ここより下は(2011,7,25)に加筆
以下のことがらは、確定的なことであるとは言い切れません。

このページで行なう地震予知の仕組

地震発生→微震動期間→ピタリと止まる期間→1日から約2日以内に地震発生
ピタリと止まる期間がより長いと発生する地震が大きいと予想
(欠点:地震の頻度が高い為、予知が当たったか外れたか断言できない。)

3/11の大地震以降の地震発生のプロセス
1.微震動期間:Aプレートに別Bプレートが沈み込む、Bプレートの起伏等によりAプレートが振動する。
2.ピタリと止まる期間:Bプレートの大きな起伏等によりAプレートが、たわみエネルギーをたくわえる。
3.1日から約2日以内に地震発生:Aプレートのたわみが限界に達して、エネルギーが解放される。
(※AとBの起伏は逆の場合もありえる。3/11の大地震があまりにも巨大エネルギーであった為、それまで存在しなかった大小さまざまなプレートに歪みや、ひび割れが大規模に多数発生しているのではないか?)
※あくまで、一つの不確定な諸説と御考え下さい。また、予知が当たったか外れたか断言できない為、当たり外れは、報告致しないことを御了解くださいます様、よろしくお願い申し上げます。
ここより上は(2011,7,25)に加筆
------------------------

2011,7,16 法則発見か?
昨日、栃木県南部で震度5の地震がありました。3月11日の大地震以来、一つの法則のようなものを発見?しましたので書きます。地震前の数日間、地面から突き上げるような微妙な揺れ(ほとんどの人は気付かない位の小さな揺れ)を感じており、その揺れかピタリと止み、1日後に今回の地震が起きました。前の地震とその前も同じ経過をたどっているような気がします。ただ、3月11日の大地震の前は、そのような微妙な揺れを感じておりませんが。今日もまた、地震の後で地面から突き上げるような微妙な揺れを感じております。その揺れがピタリと止んだら、また地震が起きるのかと考えると少々不安です。ただ、微妙な揺れが続く限り地震が起きてはいないので、当分安心などと勝手に思っております。ピタリと止みましたら、前兆であると思いますのでまた書きます。

2011,7,16
AM3:45頃ですが、ピタリと止んだ様です。本日中か?1から2日後か?

2011,7,23
一週間ぐらい続いた小さな揺れが、ピタリと止んだ様です。本日中か?1から2日後か?。7,16予知よりも大きいはずです。

2011,7,24:本日起きた大きめの地震の後に、微震動がありましたが朝8時くらいからピタリと止んだ様です。本日中か?1から2日後か?本日起きた大きめの地震よりは、小さいか?

2011,7,31:本日午前4時ころ起きた大きめの地震は、就寝時には、まだ微震動がありましたので予知できませんでした。就寝中に微震動がピタリと止んだと思っております。ただ、地震後でも微震動がピタリと止んだ様ですので。通常は、地震後、最大でも数時間?後から、微震動が再度はじまるのですが、ずっと、微震動が感じられません。仮に大きめの地震自体が微震動であるとしたら、次は、今回の大きめの地震よりも大きいことになります。本日中か?1から2日後か?。ただし、このまま終息する場合もありそうな感じ(願望)もあります。そう願いたいです。

2011,7,31:前に書いた微震動ですが地殻の破断と地殻のしゅう曲により振動に違いがあるような気がします。

地殻のしゅう曲:突き上げる微震動(上下動)→大きめの地震の予兆?

地殻の破断:ビリビリと微震動(左右動)→小さめの地震の余震の予兆?

あくまで、想像ですが。011,7,31午前4時ころの地震M6.4の発生前は、突き上げる微震動でしたので、地震後ずっと微震動がピタリと止んだわけですから、まだエネルギーが解放されていないのではと思っております。少し心配です。今の状態が311以降、一番大きい地震が発生した時に近い感じがします。思い違いであってくれれば良いのですが。

2011,8,2:昨日午後11時58分にすこし大きめな地震が起きました。しかし、2011,7,31に予知した大きい地震(311以降、一番大きい地震と同程度の規模)とは違っていました。ただ、昨日午後11時58分にすこし大きめな地震(震源域が微妙で少し心配)の前後も、微震動がピタリと止んだ状態が依然続いていますので、今回の地震は、地殻のしゅう曲により地殻が少し破断したのではないかと思っております。もう少しの間(1日〜5日間)、より大きな地震に注意する必要があるかもしれません。十分に地殻のしゅう曲によるエネルギーが解放されていないのではないかと思います。今後は、8月2日の地殻のしゅう曲により地殻が少し破断と同程度の地震(中小規模の地震)が5日間ほど続き、大きめな地震発生が起きるか、もしくは、8月2日〜8月4日の間に大きめな地震発生が起きるのではと予想しております。思い違いであってくれれば良いのですが。この地震予知は、あくまで、一つの不確定な素人の諸説と御考え下さい。

2011,8,9:予想していた大きめな地震発生はおきませんでした。期限の範囲が短過ぎるのかもしれません。ただ、気になるのは、期日は違いますが、8/2の予想、「地殻のしゅう曲により地殻が少し破断したのではないかと思っております。もう少しの間(1日〜5日間)、より大きな地震に注意する必要があるかもしれません。十分に地殻のしゅう曲によるエネルギーが解放されていないのではないかと思います。今後は、8月2日の地殻のしゅう曲により地殻が少し破断と同程度の地震(中小規模の地震)が5日間ほど続き、大きめな地震発生が起きる。」の8/2地震の規模より小規模の地震が起きておりますので、期間の違い(5日間)と前兆として頻発する地震の規模、以外は合っているのでは?などと思っております。そうすると、前兆地震の規模が小さい為、予想としては書くには、そろそろ起きるか、または、1か月後(長い)くらいまでか?。しかし、自分自身の素直な感覚では、前兆地震がより小規模で期間が長いのですから、東日本大震災と同規模の地震が、今日明日起きてもおかしくない状態です。心配です。皆さんは、心配でしたら、懐中電灯くらいは準備された方が良いと思います。私は地震の専門家ではございません。ですから、この地震予知は、あくまで、一つの不確定な素人の諸説(思い込み)と御考え下さい。

2011,8,14: 8月12日に少し大きめの地震が起きました。その後、微震動が復活しておりましたが、今日未明より、微震動が止まっている感じです(弱まっているか)。いずれにしても、十分に地殻のしゅう曲によるエネルギーが解放されていないのではないかと思います。現在、微震動が止まっている感じです(弱まっているか)、ですので、より大きい地震に注意されたほうが良いと思います。最近、ヘルメットを購入しました。(8月12日の少し大きめの地震発生時に慌てて被りました。)枕元にヘルメットと懐中電灯常備中。ヘルメットは、体の重要な部分である頭部を守ります。地震の揺れをやり過ごす時、地震後の避難の際に、有無で生死をわける場合がありますので、なるべく常備されたほうが良いと思います。3月11日の桁違いの超巨大地震を忘れてはなりません。仮にその1000分の1の余震でも巨大地震の規模ですので、備えておいた方が賢明です。これは一般論ですが、もし地震が発生しましたら、海岸・川・崖に絶対に近づかないこと、海岸・川・崖に近くにいる場合は、安全な場所に即避難してください。また行政で指定されている避難所が海岸・川・崖に近接している場合は危険ですので、危険性を認識した時点で避難場所をすぐに替えることをお勧めします。(大勢の人々が避難している場所だから、絶対に安全な場所とはいいきれません。)

2011,8,20:今日は慌てて書いております。8月19日に少し大きめの地震が起きました。8月12日の地震と、ほぼ同じ規模です。2011,8,9に予想した「1か月後くらいまでか」という期間を修正した予測のパターンに無気味に符号しているような感があります。そして偶然にも9/1は防災の日。今回の地震も前の少し大きめの地震と同様に、発生後に微震動がないのですから、当分警戒が必要であると思います。より大きい地震に注意されたほうが良いと思います。家族が連絡がとれなくなってしまった時の連絡方法や集合場所など、なるべく今のうちに決めておくべきです。防災の日も近いので、最近は、ヘルメットや懐中電灯などは、安く売っています。もしもに備えて、枕元にヘルメットと懐中電灯常備されることをお勧め致します。まわりから、神経質などと思われるかもしれませんが、発生した時を考えたら、用意しておいた方が絶対に良いです。ヘルメットがすぐに手は入らない場合は、今日から厚手の大きめの座ぶとんや雑誌など(被った時に手が、上から見て、頭に隠れる位の大きさ)などを枕元に置いて就寝することをお勧めします。他にも、一般的に建物が崩れる場合は、壁が少なく柱が少ない場所から崩れることが多いので、建物特徴を頭に入れ、もし地震が起きたら、我が家の各部屋は、部屋のどこから崩れやすいのか?考えておき、揺れたら、崩れにくい方に避難する練習をしてください。想像だけでも良いので。もし大地震が起きなくても、笑い話になるいい思い出程度ですから。神経質などと言われ、笑われる、本当はその結果が良いのです。大地震は絶対に起きない方が。また、避難場所ですが、2011,8,14の記述をご参考ください。

2011,8,31:本日、千葉県北東部震源(チーバ君の喉元周辺、東京湾内の東)の地震がありました。揺れは、震源が近い為、速い縦揺れでした。あまり大きい地震ではありませんが、震源が東京湾内であることが気になります。念の為、しばらく警戒が必要です。

2011,8,31:沼津港で2日連続(29日,30日)で大量(100匹以上)にサメが採れているということとあわせて考えると、無気味です。かなり差し迫っているのではなどと考えております。

2011,9,19:ここ数日、微震動がピタリと止んだ状態が依然続いていますので要警戒

2011,10,17:いまだ、大きな余震は起きていない為、間隔が空くとより大きくなる傾向があると思いますので、当面警戒が必要です。

2011,11,4:本日は震度2。昨日は、ひさしぶりに地震発生、震度3。揺れは激しくはないが長かった。震源は茨城南部。本日起きた地震に較べ、昨日の方が揺れが長い、ということは、震源が深い方が揺れが長いということか? 先日、千葉県東沖で地殻活動が活発化のきざしあり、との報道があり、特に心配していたので、あわてた。当面、ヘルメットと懐中電灯を枕元に置く生活が続くことになりそうだ。

市川市内の放射線量