山形県の個別指導学習塾 栄光塾   フリーコール(通話料無料)
0088-25-4444
IP電話の方は
050-3540-3365
栄光塾へメールでのお問い合わせ栄光塾へHPからお問い合わせ
 
山形の個別指導塾栄光塾の学習メニュー
 
 
 
・中学生向け個別指導
 
 
 
 
 
 
 
 



栄光塾の家庭教師派遣センター


〜中学生向け個別指導〜



中学生は小学生とは違い、部活や学校の仕事・行事など
比べ物にならないほど忙しい時期です。
3年間という限られた時間の中で、
最終目標である高校入試へと目指さなければなりません。
さらに各学年によっても勉強のスタイルは全く違ってきます。



山形の個別指導栄光塾中学生
中学1年生の場合・・・

 小学生の頃とは大きく違う中学校の環境で、新しく英語の授業も始まり、算数は数学と名前を変えて新しく難しい単元が次々に出てきます。
 つまり小学校の時の学習内容が身についているかどうか、を問われる事にもなります
 学校の授業や家での勉強で解らない事があったら、その日の内にしっかり解決しておかないと、中学生の3年間、しいてはその後の学習全体に影響が出てしまう事は確実です。
 また、学期ごとの通信簿の評価は、そのまま高校入試の時に必要な内申点として反映されますから、一年生の時からしっかり授業に対応していくことは、将来にとってとても大切なことです。
 特に数学、英語に関しては、現在の学校の教科書だけでは対応しきれない入試の問題にも、しっかり対応していけるような勉強をしていかなければなりません。


山形の個別指導塾栄光塾の中学生向け指導
中学2年生の場合・・・

 中学校3年間の中で、一番学習しなくてはならない内容の多い学年です。言い換えれば、 高校受験の内容で一番出題箇所が多いのが2年生の内容です。
 つまり、ここでしっかりやっておかないと、高校入試直前の3年になってから苦労することになりますから、そろそろ志望高校も考え始めて入試を念頭に置いた学習を始めなければいけない時期です。
 今まで勉強してきた所で解らない事が無いか、しっかりチェックしながら進めていかなければなりません。
 部活動も一番忙しい時期ですが、今の教育システムから考えると当然優先するのは学習です。
  部活さえ頑張っていれば、高等学校は先生が推薦してくれる、などという事をを信じて成績が悪いまま3年になり、実際には推薦も受けられずに行きたかった高等学校に進むことが出来なかった、ということも多々あります。
推薦入学とは、中学校として「この生徒は、その高等学校に入学しても、しっかり授業に対応できる優秀な学生です。」というお墨付きを志望高校に出すということで、学力が伴っていなくては不可能です。
 部活動を熱心にする、という事は当然良いことですが、それは充分な学力が伴っていればという前提での事です。
『勉強と部活の両立』 、これが2年生です。




山形の個別指導栄光塾の受験対策
山形の個別指導栄光塾の高校受験対策
中学3年生の場合・・・

 中学3年生で義務教育は終わり、ほとんどの生徒は高校進学を目指します。
 多くの生徒にとってまた、初めて入学試験という自分を試される事を 経験しなくてはいけないのもこの学年です。
 今まで中学校の定期試験では試験範囲が明確にされ、 「ここが試験に出るから勉強しておきなさい!」と教えて下さる学校の先生もいます。ですから、試験直前になって何日か頑張って範囲の内容を覚え、定期テストでは良い成績が取れていたと思います。成績が思わしくなかったと言う人は、それさえも真剣に取り組んでいなかったはずです。
  しかし、入学試験は今までとは異なり、範囲は中学3年までに学習したこと全部。直前に頑張ろうと思っても、とても対応できるものではありません。また同様に3年生には、テスト範囲が1年生から昨日習った所までという、「実力テスト」も行われる様になり、定期テストだけではなく、実力テストもよい成績を収めなければ、評価はされなくなります。
 また理・社などは、暗記だけでは対応できない記述問題も多く出題してきます。“なぜそうなったのか”という理由を理解できていなかったら、正解することが困難な問題です。
  栄光塾では、三年生の授業と並行しながら、1年生から今まで習ってきてところで解らない所は無いかをもう一度チェックして、それを克服していきます。




個別指導の栄光塾トップへ │ 

Copyright (C) 2007 eikoujyuku All Rights Reserved.