<抱き人形>

子供部屋の押し入れの天袋の大片づけをしていたら
奥から薄汚れた人形が出て来ました。

作ったのさえ忘れていた人形です。

顔も可哀想なくらいに汚れています。


体長:52センチ

髪をほどいたり
服を着せ替えたりして
遊べます




娘たちに訊いてみました。

次女はしっかり見覚えはあるものの
時期的なものは記憶にないと言います。

長女が覚えていました。
歯列矯正に通っていた時
妹がいつも小わきに抱えていたとのこと。

<着せ替え人形> のページで
「次女が抱いていた人形を...」と書いたその人形です。

次女がいつも同じ人形をだっこしていた記憶はあるものの
その「人形」がどの人形だったかは思い出せなかったのです。

適当に手抜きして作ったのが一目で分かります。
バランスも悪く、顔も手も足も凹凸がなく
綿の詰め方も甘いので、ぷよぷよしています。

でも、娘がいつも抱いていたと言うことは
かえってそれが良かったのかも知れません。

20年振りにこうして見てみると

☆汚いけれど、結構可愛い♪☆


前へ

「私の人形」に戻る
「人形たち」に戻る
目次に戻る