本文へジャンプ
お勧め商品
今月も、新鮮な野菜を取り揃え、皆様のご来店をお待ち申し上げております。

今月は旬の野菜の食べ方をご紹介します。

  京都山城 朝掘り筍

自然の香りを味わう季節の一品
竹の子を美味しく食べるには、掘りたての竹の子をいかに早く茹でるのかで決まります。和え物や煮物はもちろん天ぷらやパスタなどでも美味しいです。
うすいえんどう豆 (和歌山産)

大きな粒でほくほくとしていて、甘みがあるのが特徴です。血糖値を下げ、発がん性物質を抑制し、体の血や肉を作るといわれ、母乳の出をよくする効果があるといわれています。煮物・豆ご飯・スープにしても美味しいです。
スナップエンドウ豆(鹿児島産)

さやごと食べられるように改良された品種です。でんぷんとたんぱく質が主成分で、唇の荒れや皮膚炎を予防し、利尿効果があるので、むくみや便秘予防に効果があるといわれています。サラダや、炒め物が美味しいです。

サンド豆 (和歌山産)

さやいんげん、筋なしいんげんともよばれています。食物繊維は豆の中でも最も多く、便秘や動脈硬化を予防し、ビタミンB2・βカロチンも多く、疲労回復・肝機能の改善に効果があるといわれています。おひたしや、煮物、炒め物・天ぷらなどに幅広く使えます。
  一寸豆 (鹿児島産)

でんぷん・たんぱく質・リン・ビタミンB1を多く含み、体の組織に活力をつけ五臓の緩和をはかる効果があるといわれています。塩ゆでやしょうゆ煮、かき揚げに最適です。さやごとグリルで焼いて食べるのも美味しいです。
きぬさや (和歌山産)

『さやえんどう』とも呼ばれ、筋を取る手間はいりますが、サンド豆以上のβカロチンが含まれています。ビタミンCは加熱しても6割が残り、がん・しみ・そばかす免疫力効果があるといわれています。炒め物や炊き合わせなどが美味しいです。