本文へジャンプ
お勧め商品
今月も、新鮮な野菜を取り揃え、皆様のご来店をお待ち申し上げております。

今月は旬の野菜の食べ方をご紹介します。

  ほうれん草 (京都産)

ほかの野菜に比べ鉄分が豊富なので貧血予防に最適です。風の予防になるβカロチンも豊富で、おひたしや卵とじ、ツナなどで炒めても美味しいです。
 水菜 (京都産) 

京都の水菜は、千筋水菜ともいわれています。柔らかく、シャキシャキとした食感の水菜は、鍋物にもサラダやパスタでも美味しいです。
 小松菜  (京都産)

カルシウムの含有量は、ほうれん草の5倍で、アクが少ないので汁ものにそのまま入れたり、油と相性がいいので、炒めても、煮ても美味しいです。 

 きくな (京都産) 

菊菜の一束に、ポリフェノールが200g以上も含まれていて、体内の脂肪酸が酸化し血液がドロドロになるのを防いでくれるといわれています。独特な香りがあるので、おひたしやなべ物に最適です。
 青ねぎ (京都産 

特有の辛味の元は、血行をよくし
体を温める作用があるので風邪のひき始めに効果がある。独特の香りの成分はイオウで、鎮静作用があり、精神安定や不眠に効果があります。薬味はもちろん、煮てもよし炒めてもよしで美味しいです。
 かぶら (京都産) 

苦みが少なく、この時期しか食べられない季節の野菜です。煮崩れしにくく、とろけるような美味しさです。かぶら蒸しはもちろん、
あんかけやおでん、漬物にしても美味しいです。