本文へジャンプ


今が旬!!
  野菜の効能
      
      野菜を食べ身体の中からきれいに健康になりましょう!

 
きゅうり  (京都産)   

きゅうりには、生で食べると熱を冷まし、余分な熱を取る働きがあり、むくみをとる効果がある。また、きゅうりに含まれるカリウムは、塩分を体外に排出させ、血圧の上昇を抑える効果があるといわれています。ぬか漬けにすると、疲労回復の効果があるといわれています。



 サラダ・和え物・酢の物・漬け物



 
 
とまと  (京都産) 

とまとには、リコピン酸が含まれていて、老化の原因といわれる活性酸素を退治してくれ、美肌作用があるといわれています。また、ルチンなどの栄養が豊富で、血圧を下げ、動脈硬化や疲労回復によいといわれています。加熱によるビタミンCの損失が少ないので、ソースにしてもいいです。丸のまま皮をむいておでんに入れても意外においしいです。



 サラダ・ソース・パスタ・オムレツ



 
 
なす  (京都産) 

野菜の中でも低カロリーで、ダイエットに期待できますが、一方で身体を冷やすという作用があるので冷え性の人には、多食に注意した方がいいです。なすに含まれるコリンには、血圧低下、胃液の分泌作用、肝機能の改善に効果があるといわれ、生はもちろん、加熱してもその成分はこわれにくいという特徴があります。中でも、皮の部分に多く含まれています。切るとすぐに変色してしまうので、切ったらすぐに水にさらした方がよい。油や、味噌との相性がとても良い。



 煮物・炒め物・揚げ物・焼き物・漬け物



 
 
レタス  (長野産) 

食物繊維をはじめ、体内でビタミンに変化するβカロチン、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、カルシウム鉄分など、バランスよく含まれています。レタスの薬効は、神経を鎮め、精神を安定させ、高血圧症、便秘、体内浄化などがあるといわれ、これらの作用を得るには過熱した方がよい。



 温サラダ・スープ・サラダ・チャーハン



 
 
ブロッコリー  (長野産) 

緑黄色野菜のブロッコリーは、ビタミンA・ビタミンC・カルシウム・鉄分・食物繊維などを多く含んでいます。コレステロール値を下げ、血圧を抑えて、動脈硬化やしみ・そばかすを抑制する効果があるといわれています。茎にも栄養があるので、花の部分だけでなく、茎の部分も刻んで使いましょう。



 サラダ・パスタ・あえ物・炒め物



 
 
アスパラ  (長野産) 

アスパラは、カロチン・ビタミンA・ビタミンC・ビタミンEを同時に摂取することができます。アスパラギン酸が特徴的成分で、新陳代謝を活発にし疲労回復や滋養強壮に優れています。穂先部分には、ルチンが含まれていて、血管を丈夫にし、血圧や動脈硬化の予防に効果があり、利尿作用もあるといわれています。


 サラダ・天ぷら・パスタ・炒め物



 
  
ピーマン  (宮崎産) 

ピーマンの青臭さの成分は、ピラニンとよばれる栄養素で、血液をサラサラにする作用があり血栓予防に効果を発揮するといわれ、脳梗塞や心筋梗塞の予防に有効といわれています。血圧降下にも有効な栄養成分です。ビタミンCが豊富で、大粒のピーマンならレモン1個分に相当するビタミンCが含まれていています。ピーマンのビタミンCは、熱に強く保存による損失が少ないのも特徴です。



 炒め物・肉料理・あえ物



 
  
オクラ  (鹿児島産) 

オクラ特有のねばねばは、ペクチンという食物繊維と糖たんぱく質のムチンが含まれているから、腸の働きをよくして便秘を解消し、胃壁を保護してたんぱく質の消化吸収を助ける働きがあるので、夏バテ予防に最適です。



 サラダ・おひたし・あえ物・天ぷら



 
  
ゴーヤ  (宮崎・熊本・和歌山産) 

健康野菜の代表は、栄養価の高さと、その癖になる苦みで人気があります。キャベツの4倍ものビタミンCを含有し、炒めてもビタミンCがくずれにくく、夏バテに効果的な野菜です。抵抗力をつけ利尿作用に優れ、老廃物の排出を促し、糖尿病に有効な食材といわれ、血糖値や血圧を下げる効果もあるといわれています。



 炒め物・サラダ・あえ物・天ぷら



 
  
ズッキーニ  (滋賀・京都産) 

形はきゅうりのようですが、かぼちゃの仲間で、加熱することにより口当たりがよく、かぼちゃの仲間といえないほど低カロリーです。ビタミンAが豊富で、ビタミンA以外にもビタミンB群の一種である葉酸やミネラル・カリウムが豊富に含まれています。葉酸には、赤血球を作る働きがあり、一方のカリウムは塩分を排出して血圧を安定させ、脳卒中や心筋梗塞を防いでくれるといわれています。免疫力効果と抗酸化の作用で生活習慣病の予防にお勧めな野菜です。



 炒め物・天ぷら・カレー・パスタ



 
  
とうもろこし  (愛知・徳島産) 

成分は糖質が主で、身体のエネルギーになる食材です。炭水化物を主としていて、胚芽部分にはビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンE・カルシウム・マグネシウムなどの各種ミネラルをバランスよく含んでいる栄養価豊富な食材です。ほかの野菜や穀類と比べても、食物繊維が豊富なので、便秘に効果があり、リノール酸も多く、動脈硬化の予防に効果が期待できるといわれています。


 焼く・蒸す・スープ・実をとり天ぷら



 
 
万願寺とうがらし  (京都産) 

とうがらしの王様ともいえる風格を持つ。特有の芳香と甘みがあり肉厚で柔らかく、ピーマンほど青臭さがなくて、種が少なくて食べやすい。煮ても焼いても揚げてもよしの三拍子そろった京野菜です。焼いて、ポン酢や塩で食べたり、手をかけない方が素材の持ち味がよく引き出されるといわれています。



 焼き物・天ぷら・炒め物



 
 
ジャンボいんげん草  (京都産)   

モロッコいんげんともよばれ、大きくて平たい形をしているのが特徴で、硬そうな印象をうけますが、加熱すると柔らかく甘みがあります。和洋中ジャンルにこだわらずどんな料理にも使える便利な食材です。抗酸化作用のあるβカロチンをはじめビタミンB群、ビタミンC、食物繊維、カルシウムなど非常にバランスよく多種類の栄養素が含まれています。βカロチンは、活性酸素を抑制し、老化や生活習慣病の予防に効果的といわれ、豆の部分には、ビタミンB1・B2・B6などが含まれています。活力のある代謝を促しアスパラギン酸の働きにより、疲労回復の効果もあるといわれています。この時期、夏バテ予防や体力維持にも役立つといわれています。



 炒め物・煮物・天ぷら



 
  
さつま芋『鳴門金時』  (徳島産) 

鳴門金時はさつま芋の中でも、その甘さとホクホク間のバランスから『さつま芋の王様』とよばれています。さつま芋は、米や麦に比べカロリーが3分の1で繊維質が多く含まれ、カロチン・ビタミンCも豊富に含まれています。甘さとホクホク間のバランスがよく、便秘解消・お腹の持ちがよいことからダイエットにも良いといわれています。とりわけ女性にお勧めの食材です。



 サラダ・天ぷら・蒸す・焼く・お菓子



 
  
れんこん  (徳島産) 

れんこんに含まれているタンニンには、胃腸の炎症を和らげる働きがあるといわれています。れんこんの切り口の粘り気は、ムチンとよばれる糖たんぱく質の一種で、たんぱく質や脂肪の消化を促進するため、食べすぎや飲みすぎによる胃のもたれや胸やけによいといわれています。

★どんなれんこんでも真ん中に1個、その周りの9〜10個の穴が開いていて、昔からお祝いの席などで『見通しがきく』という意味でめでたい野菜として食べられています。



 天ぷら・煮物・サラダ



 
 
ほうれん草  (京都産)   

緑黄色野菜の代表ともいわれるほど、とっても栄養価の高い野菜です。100g食べるだけで1日に必要なビタミンAやビタミンCのはぼ全量を摂取できるほどです。更年期の人には欠かせない野菜で、ホルモンもバランスを整え、更年期特有のカルシウム不足を補えます。頭痛・腰痛・めまい・動悸・冷え・のぼせ・イライラ・不眠などの症状を緩和するといわれています。



 おひたし・炒め物・スープ



 
 
小松菜  (京都産)   

ビタミン・カルシウム・カリウム・鉄、ほうれん草に含まれる栄養分に似ていますが、ビタミンB2の量は、野菜の中ででもトップクラスです。カルシウムの含有量は、ほうれん草の5倍です。カロチンの量も同じくらいなので総合評価では、ほうれん草より栄養価が高くなっています。あくが少ないので、ゆでないで汁に入れたり、炒めても大丈夫でほうれん草よりも使いやすいです。



 炒め物・おひたし・あえ物・汁の具



 
 
水菜  (京都産)   

水菜に含まれる葉緑素には、アルコール・ニコチン・尿酸などを中和解毒効果があるといわれ、血液の浄化作用があるといわれています。ビタミンA・ビタミンCを豊富に含み、ビタミン類は肌の潤いを保ち、ひび・あかぎれ・しもやけなどの予防によいといわれています。発育・成長に役立ち、病気に対する抵抗力を高める効果があるといわれています。また、鉄分・カルシウム・カリウムを多く含み、血圧をあげる食塩に含まれる、ナトリウムを排出する作用があるといわれ、脳卒中や心臓病に効果があるといわれています。食物繊維も多く、肥満・糖尿病・大腸がんなどの成人病にも役立つ野菜といわれています。



 サラダ・あえ物・パスタ・鍋物



 
 
青ネギ  (京都産)   

青ネギには、カロチン・ビタミンB群・ビタミンC・カルシウム・カリウム・鉄が豊富に含まれています。ネギ特有の辛みのもとは、血行をよくし、体を温める作用があるので、内臓の働きが活発になり、体内の余分な水分や老廃物を排出するので血液浄化にも役立ち、風邪の引き初めに効果があるといわれています。機能性成分のひとつであるある新は、疲労回復・冷え性に効果的といわれ、硫化アリルはネギ独特の香り、刻んだ時に目にしみる成分で、鎮静作用があり、精神の安定や不眠に効果があるといわれています。さらに、便秘・整腸・利尿・神経痛などにも効果を示すといわれています。



 煮物・炒め物・薬味



 
 
キャベツ  (京都産) 

ビタミンCが非常に豊富なので、毛細血管を強化し、ストレスへの抵抗力をつけ、風邪の予防や疲労回復、肌荒れ効果があるといわれいます。外葉の緑の部分は、カロチンのほかビタミンKも含んでいるので骨を強化し、血液凝固作用があるので止血効果も期待できるといわれています。キャベツ特有のビタミンU(キャベジン)は抗潰瘍性の作用があるといわれ、傷ついた粘膜を修復し胃潰瘍や十二指腸潰瘍の予防や治療に効果があるといわれています。カルシウムは、吸収力が良いので虚弱体質の改善に効果があるといわれています。



 炒め物・サラダ・パスタ・煮物



 
 
玉ねぎ  (兵庫淡路産) 

特有の香りと辛みの硫化アリルとビタミンB1が結合してアリチアミンとなり、新陳代謝を促し、疲労回復・不眠・精神不安定に効果があるといわれています。また、硫化アリルは血液凝固を遅らせる働きがあるので、血液の流れをよくし、高血圧や動脈硬化の予防によく、刺激剤として消火液の分泌を促し、食欲不振にもよいといわれています。血糖値を下げ正常な値に保つ働きがあるので、糖尿病予防にも期待ができます。ビフィズス菌を増やして便秘予防や、胃がもたれやすい人には最適です。



 炒め物・サラダ・揚げ物・煮物



 
 
メークィン  (鹿児島産) 

男爵に次いで多く食べられている品種で、粘質で淡い黄色の楕円形で芽が浅いので皮がむきやすい。煮崩れしにくく主成分はでんぷんを主とした炭水化物ですが、意外と低カロリーです。実は、ご飯の半分のカロリーしかありません。果物にも負けないほどの豊富なビタミンCが含まれていて、でんぷんに包まれているために、茹でてもくずれにくいのが特徴です。豊富に含まれているカリウムには、血液の塩分を排出する働きがあり、高血圧や動脈硬化の予防に効果があるといわれています。



 煮物・カレー・揚げ物



 
 
じゃが芋 『男爵』  (鹿児島産) 

生産量の3割を占め、最も多く食べられています。粉質で、白色の球形で芽が深い。でんぷん質が多めで、煮崩れしやすい主成分は、餅粉でんぷんを主とした炭水化物ですが、カロリーは他のイモ類と比較しても低く、食物繊維も豊富なのでダイエット効果も高いといわれています。ビタミンB1は糖質を分解してエネルギーに変え、神経や筋肉の働きを活発にし、疲労や倦怠感の回復に効果があるといわれています。ビタミンB6は、たんぱく質・糖質・脂肪を適当に吸収し、脂肪肝を防ぐ働きがあるといわれ、お酒を飲む人に効果があるといわれています。



 コロッケ・サラダ・粉ふき芋