救命手当ての基礎

心肺蘇生法

心肺蘇生法の流れ(成人:8歳以上)

1意識の確認
  まず、周囲の安全確認  大出血など無いかを確認
  傷病者に近づき、左手で頭(額)をかるく抑えます。
  (意識があり、呼びかけたとき急に頭をあげ、自分の頭とぶつかることを防ぎます。)
  その耳元で「大丈夫ですか」又は「もしもし」と呼びかけながら、傷病者の肩を軽くたたき、反応のあるなしを確認
  (最初は小さな声で、2回目・3回目はそれより大きな声で呼びかけます。)
★交通事故などで、頭や首に怪我がある場合やその疑いがあるときは、体をゆすったり首をうごかしてはならない。
意識があれば傷病者の訴えを聞き、必要な応急手当を行う。

2、助けを呼ぶ
  意識が無ければ大きな声で「誰か救急車を呼んでください」と助けを求める。
★協力者がきたら、119番へ通報し救急車を要請してもらう。もし誰もいなければ、119番通報をまず行う。

3、軌道の確保(空気が鼻や口から肺に達するまでの通路を開く)
  片手を額に当て、もう一方の手の人差し指と中指の2本をおとがい部にあて、これを持ち上げ気道を確保

4、呼吸の確認 
  気道を確保した状態で、自分の顔を傷病者の胸部側に向ける。
  頬を傷病者の口・鼻に近づけ、呼吸の音を確認すると共に、自分の頬に傷病者の吐く息を感じる。
  傷病者の胸腹部を注視し、胸や腹部の上下の動きを見る。
  10秒以内で調べる。
  呼吸がなければ人工呼吸を開始する。

5、人工呼吸
  気道を確保したまま、額に当てた手の親指と人差指で傷病者の鼻をつまむ。
  自分の口を大きく開けて傷病者の口を覆い、空気が漏れないようにして息をゆっくり2回吹き込む。
  (1回の吹き込み時間に2秒かけ、5秒に1回の速さ、後再度繰り返す。)
吹き込む量は、傷病者の胸が軽く膨らむ程度(10ml/体重1kg)

6、循環のサインを調べる(心臓の拍動の状態を調べる)
  傷病者の口に耳を近づけ呼吸のあるなし(目で胸の動きを見たり、呼吸の音を聞く)
  咳のあるなし体の動きのあるなしを確認する。
  10秒以内 循環のサインがない場合は直ちに心臓マッサージを開始する。

7、心臓マッサージ(胸骨圧迫心臓マッサージにより、酸素の含まれた血液を循環させる)
  圧迫部位は、水落にある剣状突起から指1本分の間隔上が圧迫部位の下限です)
  この圧迫部位に手のひらの付け根を置き他方の手をその手の上に重ねる。
  肘をまっすぐ伸ばして体重をかけ、垂直に胸を3.5〜5cm圧迫する。
  1分間に100回の速さで15回圧迫する。

8、心肺蘇生法の実施(心臓マッサージ15回と人工呼吸2回の組み合わせを継続する)
最初に、心臓マッサージ15回と人工呼吸2回のサイクルを4サイクル行った後、循環のサインの有無を10秒以内で確認する。

4〜8までを救急車が来るまで繰り返す。

 

Iモードへ戻る  インターネットへ戻る