りとるてっくitaサーキット2008
シリーズ戦EP第3戦 レースレポート

りとるてっくitaレース運営委員会


★ミニクラスは高橋さんが山岸さんとのバトルを制し、優勝・・・と思ったら(^^;
☆アドバンスクラスは木村さんが序盤から飛び出し独走優勝!!
★スーパーソニッククラスは安部さんが盤石のレース展開で優勝!!
☆ストッククラスは逃げる小笠原さんを佐々木さんが終盤に猛追!!


ミニ、アドバンス、スーパーソニック、ストック:ハーフコース8分間周回レース

MINI ADVANCE SUPERSONIC STOCK
1 菅原 一行 21L 1 木村  健 22L 1 安部 俊幸 24L 1 小笠原 誠 28L
2 高橋 潤(2) 21L 2 高橋 文伯 21L 2 久埜 竜平 24L 2 佐々木 朗 28L
3 山岸  純 21L 3 菊地 義信 20L 3 谷口 二郎 24L 3 相澤 政樹 27L
4 都澤 立樹 21L 4 佐伯  進 20L 4 山岸  純 23L 4 宍戸 和仁 27L
5 梅森 伸也 21L 5 小林 直美 17L 5 鈴木駿太郎 23L 5 佐藤  篤 27L
6 安部 俊幸 21L 6 島村 信義 16L 6 梅森 伸也 23L 6 渡辺 和典 27L
7 飯野 喜貴 21L 7 有川 忠浩 11L 7 小野寺豊尚 22L 7 佐藤 角栄 26L
8 久埜 竜平 20L 8 都澤 立樹 22L 8 横倉  伸 26L
9 今野 卓哉 20L 9 今野 卓哉 22L 9 佐藤 大洋 25L
10 鈴木駿太郎 20L 10 谷口 理一 22L 10 茨木 誠治 25L
11 野村 順一 20L 11 斎藤 吉彦 21L 11 梅森 伸也 25L
12 佐藤  厚 20L 12 相原  崇 20L 12 高橋 流星 25L
13 渡辺 和貴 19L 13 渡辺 和貴 14L 13 後藤 哲弥 25L
14 相原  崇 18L 14 高橋 潤(2) 11L 14 武田  章 25L
15 菊地 義信 17L 15 野村 順一 8L 15 柿崎 敬喜 24L
16 小林 直美 16L 16 五十嵐 優 24L
17 有川 忠浩 12L 17 引地 博之 21L
18 後藤 直美 DNS 18 武田 剛志 21L
19 鹿野 武彦 20L
20 阿部 良広 12L
21 滝口  浩 6L
決勝レースデータファイル(エクセルファイルを.zip形式圧縮)
※右クリックして、ファイルを保存後、解凍してください。

ミニクラス
3位 山岸  純さん 優勝 菅原 一行くん 2位 高橋 潤(2)さん


アドバンスクラス
3位 菊池 義信さん 優勝 木村  健さん 2位 高橋 文伯さん


スーパーソニッククラス
2位 久埜 竜平さん 優勝 安部 俊幸さん 3位 谷口 二郎さん
谷口さんは何故か後ろ姿です(謎)


ストッククラス
2位 佐々木 朗さん 優勝 小笠原 誠さん 3位 相澤 政樹さん


全体写真
まずまずの好天に恵まれました。花粉もガンガン飛んでましたが(^^;


 去る3/23(日)、EPシリーズ第3戦が開催された。久々の好天に恵まれ、春の日差しの中、参加者は熱戦を繰り広げることに。今回はアドバンスクラスが1クラスと少なかったが、ストックが3クラス開催となり、ハイパーミニ不開催ながらも、今回も60を越えるエントリーに。ますはミニクラスから予選開始!

 そのミニクラスは毎回激戦。今回も23秒台に2/3の参加者がひしめき合う。特に山岸さん、高橋 潤(2)さん、都澤くんらが23秒前半でPP争いを展開。予選1本目では23秒0台のトップタイムで、誰が22秒台に入るかがPP争いの焦点となったが、ひとり高橋さんが22秒台にぶち込み、見事PP獲得!2位には梅森さん、3位には山岸さんが付け、上位9台が23秒前半の厳しい予選結果となった。

 アドバンスクラスは7名のエントリー。今回は佐々木親子不参加で強豪不在といった雰囲気だが、上位陣は接戦模様。木村さん、高橋さんが予選1本目で22秒台に突入し、PP争いとなるが、共に2本目ではタイムを伸ばせず、そのまま木村さんがPP、高橋さんが2位にという結果に。今回このクラス初参加の小林さん(紅一点)も6位と健闘。

 スーパーソニッククラスは15名がエントリー。常連が顔を揃えるこのクラスは今回も接戦。ほぼ半数が20秒台前半に突入すると、PP争いは19秒台に突入。1本目で安部さんと山岸さんが19秒台に乗せると、2本目には久埜さんが19秒台に突入。しかし、安部さん、山岸さんのタイムには届かず、久埜さんは予選3位。PPは安部さん、2位山岸さんとなった。

 ストッククラスは20オーバーのエントリーで3組に別れての予選。前回18秒台だったPP争いは、今回あっさりと17秒台に突入。上位7名が17秒台にのせると、PP争いは17秒前半に。阿部さん、佐々木さん、小笠原さんが三つ巴のPP争いを展開するが、小笠原さんが佐々木さんに0.12秒差を付け、PPに。佐々木さんが2位、阿部さんが3位となった。

 午後からは決勝レースがスタート。最初はミニB組。予選では珍しく不調だった菅原さんとトップスタートの佐藤 厚さん、それと今野さんが三つ巴のトップ争いを展開するが、佐藤 厚さんは二人に付いていけず徐々に後退。更にペースが上がると、今度は今野さんが引き離されはじめ、菅原さんが独走体制に持ち込む。中盤になると、今野さんと佐藤 厚さんが2位争いを展開。菅原さんには離されたものの、佐藤 厚さんのペースが比較的良く、今野さんは厚さんにパスされてしまう。その後、しぶとく粘るものの、終盤になるとじりじり後退。2位争いもこれで決まりかと思われたが、ここで厚さんがミスを犯し、一気に今野さんが逆転の2位に。結局、そのままゴールとなり、菅原さんがトップゴールを果たした。ちなみに菅原さんは、予選PPタイムを上まわる最速ラップを記録するハイペースであった。これが予想外の結果を生むことに。

 ミニA組は、予想通り序盤から激戦!PP高橋さんがトップキープのままオープニングラップをクリア、梅森さんと山岸さんが追う展開だったが、数周後に梅森さんが1コーナーでハイサイドから転倒!一気に後退。トップ争いは高橋さんと山岸さんの一騎討ちへ。中盤に入ると、3位には単独走行の飯野さんが予選下位から浮上しており、そのまま表彰台まっしぐらかと思いきや、今回バッテリーチョイスを変えてきており、予想外にストレートが伸びず苦戦模様。梅森さん、久埜さん、都澤くん(高校合格おめでとう!!)の4位グループが接近してくると、梅森さんにあっさりとパスされ4位後退。しかし、直後に梅森さんはハイサイド再び(^^;;。3位争いは再び大混戦に。終盤ペースが落ちる中、3位争いを抜け出したのは都澤くん。そのまま単独3位まで後続を引き離すことに成功。一方、トップ争いは、山岸さんが中盤に高橋さんをパスすると、一時2.5秒差まで差が開くが、高橋さんが食い下がり、終盤には1秒差。そして最終ラップに仕掛けた高橋さんが僅かに山岸さんを押さえトップゴール!高橋さんが優勝!!・・・・と思ったら、山岸さんとの接戦でペースが上がらなかったのか、ゴールタイムは菅原さんの7秒遅れ(^^;;。結局、菅原さんがミニクラス優勝となった。2位は高橋さん、3位山岸さんとなった。

 アドバンスクラスは序盤から予選上位の木村さんと高橋さんがトップ争いを展開、タイマン勝負に。一方、後方では佐伯さんと菊地さんが3位争いを展開。佐伯さんが3秒差まで広げるものの、今度は菊地さんが差を詰める一進一退の攻防が終盤まで続くことに。トップ争いは更に熾烈で、中盤には1秒以下のタイム差で抜きつ抜かれつのバトル。しかし、広範囲はいると木村さんが高橋さんを引き離し始め、終盤には高橋さんのミスなどから8秒差に。結局、木村さんが優勝となった(^^)V。2位は高橋さん。3位は終盤、佐伯さんが激しく追いあげるものの、0.7秒差で菊地さんが逃げ切り、見事3位入賞を果たした。

 スーパーソニックB組は、一度計測機器の電源が落ちるトラブルがあり、他のレースが終わった後に最後に再レースとなる波乱が。その再レースは、序盤から鈴木駿太郎くんの一人舞台。スタートでトップに立つと、すぐに2位以下を4秒引き離す。後方では今野さんと小野寺さんが2位争いを展開するも、ペースが上がらず。レース中盤に一旦差が詰まるも、後半になると駿太郎くんにまたも引き離されはじめる。2位争いは今野さんが終盤にミスを犯したところで勝負有り。結局、駿太郎くんがトップゴール、小野寺さんが2位となった。

 スーパーソニックA組は、PPスタートの安部さんがそのままトップに立つと、後方の混戦をよそに、あっさり4秒の差を付け独走態勢に。2位争いは梅森さん、久埜さん、谷口さんの三つ巴。谷口さんが中盤に入るころにミスから若干遅れ、2位争いは久埜さんと梅森さんのタイマン勝負に。後半に入ると、久埜さんが梅森さんの背後につけてプレッシャーをかける。これで焦ったか、梅森さんがミス!一気に4番手まで後退してしまう。これで2位久埜さん、3位谷口さんとなり、若干間隔が開く。終盤に谷口さんが久埜さんをじわじわ追いあげるものの、差が1秒を切ったところでゴール!結局、安部さんが終始独走で優勝となった。2位は久埜さん、3位は谷口さんとなった。

 ストックC組は、梅森さんがスタートからトップに立つが、後方から流星くんと武田 章さんが追走。3台が3秒以内の差でトップ争いとなる。梅森さんに対し、流星くんは再三1秒以内の差まで詰め寄るのだが、パスするには至らず。結局、流星くんの追い上げを振り切った梅森さんがトップゴールを果たした。

 ストックB組は混戦模様。横倉さんが序盤からトップに立つが、後方からは佐藤 大洋さんと鹿野さんが追走。佐藤 大洋さんは序盤から0.5秒の僅差で激しくプレッシャーをかけてくるが、横倉さんは何とか凌ぎきり、逆に大洋さんがミスしてしまう。しかし今度は鹿野さんが大洋さんと共に一気に横倉さんの背後に急接近!またも横倉さんにプレッシャーが。しかし、その後鹿野さんはクラッシュからリタイヤしてしまう。これで一息つけるかと思いきや、すぐさま大洋さんが再度背後に。ここでもきついプレッシャーと戦うはめになった横倉さんであったが、大洋さんが直後にミスから後退(^^;。やっとプレッシャーから解放された横倉さんは何とか辛くもこの組トップゴールとなった。(お疲れ〜)

 注目のストックA組は、スタートで小笠原さんが抜け出し、それを阿部さんが追う展開に。一旦阿部さんは2秒差まで離されるが、徐々に差を詰め始める。しかし、レース中盤に入ったところで阿部さんはクラッシュからリタイヤの憂き目に。代わって2番手に浮上してきたのは佐々木さん。ここから毎周0.2〜3秒ペースで差を詰め始め、レース終盤には2秒差まで詰め寄る。一方、このレースで一番激しいバトルとなったのは3位争い。序盤、後方の混乱に巻き込まれていた宍戸さんが上位に浮上してくると、中盤からは相澤さんとの3位争いに。0.3秒差(!)の背後に付けると、相澤さんも負けじとトップの小笠原さん並みのペースで走行。そのままレース終盤まで0.5秒以内の僅差でバトルは続いたが、相澤さんは宍戸さんを押さえきり、見事3位入賞を果たした。一方、トップ争いは、終盤に佐々木さんが小笠原さんを追いつめるものの、0.5秒差まで詰めたところでゴールとなり、小笠原さんが優勝!佐々木さんは2位となった。

 最後に抽選会&表彰式が行われ、EP第3戦も無事終了。花粉症の方はマスク必帯の厳しい季節だが、次戦も暖かい春の陽気の中でレースを楽しみたいところである。


優勝者セッティングデータ

クラス MINI ADVANCE SUPERSONIC STOCK
ドライバー 菅原 一行 木村  健 安部 俊幸 小笠原 誠
シャーシ タミヤ M-03S タミヤ TA-05 HB サイクロンWCE BDM
ボディ ABCホビー FIT ライド ダッジストラトスMkV アレックス LX250 ボンバー レジェンド
モーター 540J タミヤスポーツチューン タミヤスポーツチューン テクトロ SP2
ギヤ比 ピニオン20T 23/704T 38/102T(5.81:1) 36/101T
バッテリー とりおんIB3800 京商オリオン3300 インテレクト4200ワールドチャンピオンセル ヨコモ4600
ESC キーエンスエクストレイ サンワ F2000 LRP QC2 KO コンペ2
タイヤ F:タミヤ タイプA
R:シミズラジアルハード
F/R:SOREX 28R F/R:SOREX 32R F/R:采シルバードット
インナー F:タミヤ ハード
R:シミズ付属スポンジ
F/R:SOREX タイプA F/R:ボンバーイエロー F/R:ボンバーレッド
トー F:0度 R:0度 F:イン2度 R:イン2度 F:0度 R:イン3度 F:アウト1度
R:イン3度
スプリング F:タミヤショートハード
R:タミヤショートウルトラハード
F:タミヤ イエロー
R:タミヤ イエロー
F:HPI ゴールド
R:HPI シルバー
F:テック ホワイト
R:テック シルバー
デフ F;ギヤデフ R:− F:ボールデフ
R:ボールデフ
F:ワンウェイ
R:ボールデフ
F:ワンウェイ
R:ボールデフ
特記事項 フロントのみスタビ 嬉しいです 宍戸さんの連勝を止めたぞ!ひひひ・・・


次回2008シリーズEP第4戦 2008/4/27(日) 時計回り


皆さんの参加をお待ちしております。
りとるてっくitaサーキット