りとるてっくitaサーキット2008
シリーズ戦EP第4戦 レースレポート

りとるてっくitaレース運営委員会


★ミニクラスは山岸さん独走の陰で飯野さんにドラマが・・・
☆アドバンスクラスは佐々木 駿さんが梅森さんの追走を振り切り優勝!!
★スーパーソニッククラスは安部さんが今回も独走優勝!!
☆ストッククラスは終盤に2位争いに大波乱が・・・


ミニ、アドバンス、スーパーソニック、ストック:ハーフコース8分間周回レース

MINI ADVANCE SUPERSONIC STOCK
1 山岸  純 22L 1 佐々木 駿 22L 1 安部 俊幸 23L 1 宍戸 和仁 25L
2 高橋 潤(2) 21L 2 梅森 伸也 22L 2 山岸  純 22L 2 五十嵐 優 24L
3 安部 俊幸 21L 3 今野 卓哉 21L 3 梅森 伸也 22L 3 滝口  浩 24L
4 菅原 一行 21L 4 木村  健 21L 4 高橋 潤(2) 22L 4 茨木 誠治 24L
5 梅森 伸也 21L 5 佐々木雅彦 21L 5 都澤 立樹 22L 5 梅森 伸也 23L
6 飯野 喜貴 21L 6 大森 幸一 21L 6 野村 順一 22L 6 武田 剛志 22L
7 大森 幸一 20L 7 松野 裕久 20L 7 中島 達也 21L
8 都澤 立樹 20L 8 菊地 義信 19L 8 谷口 二郎 20L
9 柴田 雅敏 20L 9 小林 直美 18L 9 渡辺 和貴 20L
10 久埜 竜平 20L 10 島村 信義 18L 10 久埜 竜平 8L
11 小野寺豊尚 20L 11 佐伯  進 17L 11 谷口 理一 6L
12 渡辺 和貴 19L 12 大橋 義典 17L 12 柴田 雅敏 3L
13 今野 卓哉 19L 13 有川 忠浩 16L
14 佐藤  厚 19L 14 高橋 文伯 3L
15 中島 達也 18L
16 大橋 義典 18L
17 菊地 義信 18L
18 小林 直美 18L
19 松野 裕久 16L
20 庄子 栄彦 12L
21 有川 忠浩 9L
22 中澤 和志 DNS
決勝レースデータファイル(エクセルファイルを.zip形式圧縮)
※右クリックして、ファイルを保存後、解凍してください。

ミニクラス
2位 高橋 潤(2)さん 優勝 山岸  純さん 3位 安部 俊幸さん


アドバンスクラス
2位 梅森 伸也さん 優勝 佐々木 駿さん 3位 今野 卓哉さん


スーパーソニッククラス
2位 山岸  純さん 優勝 安部 俊幸さん 3位 梅森 伸也さん


ストッククラス
2位 五十嵐 優さん 優勝 宍戸 和仁さん 3位 滝口  浩さん


全体写真
4月下旬らしい好天に恵まれました。EPシリーズ戦参加の皆さんはきっと行いが良いんでしょうなぁ・・


 去る4/27(日)EPシリーズ第4戦が開催された。良い天気に恵まれ、暖かい日差しの中開催となったが、路面は前日の雨などですっかりオイルなどが洗い流され、完全にリセットされた状態。レスグリップにどう対応するかがポイントのレースとなった。参加人数は普段通りという感じだったが、ストッククラスの皆さんは他のレースに参加されたようで、いつもに比べ大幅減。一方、ミニクラスは3クラス開催と、何となくうちのレースらしい感じである(笑)。

 さて、そんな中始まった予選はミニクラスから。食わない路面に皆さん手こずる状況だったが、なんとか上位陣は23秒台に。飯野さん、高橋 潤さんを筆頭に23秒台中盤で鍔迫り合いを繰り広げるが、今回トラックボディを新調してきた山岸さんが一気に23秒頭のタイムを叩き出し、2本目には22秒台に突入。あっさりとPPを獲得!以下、高橋 潤さん、飯野さんらが続いたが、A組進出組は23秒台で占められ、予選不発だった梅森さん、安部さんがB組落ちとなってしまった。

 アドバンスクラスは、今回梅森さんがハイパーミニ仕様のマシンで参戦するほか、佐々木親子も参加。この3名が予選をリードすることに。他の参加者が23秒台で四苦八苦しているうちのこの3名は22秒台に突入。特に梅森さんと佐々木 駿さんが激しくPPを争ったが、僅差で梅森さんが競り勝ち、PPをゲット。佐々木 駿さんが2位、佐々木雅彦さんが3位に付けた。

 スーパーソニッククラスは、若干少ない12名での開催。おなじみの常連組を中心に予選は展開、21秒台に上位陣が突入するが、安部さんと山岸さんが更にタイムアップし20秒台へ。結果、安部さんの1本目のベストがPPタイムとなり、安部さんがPP、山岸さんが2位、3位以下は僅かに抜け出た谷口さんが付けた。

 ストッククラスは久々に6名と寂しい参加者数で予選スタート。1本目は相当にグリップの低い路面に悪戦苦闘。宍戸さんをもってしても20秒台という状況であったが、予選2本目では19秒台に突入。滝口さんも19秒台に乗せたが、宍戸さんにはかなわず、2位止まり。結局、宍戸さんが余裕のPPとなった。

 午後から決勝レースがスタート。最初はミニC組から。この組トップスタートの小林 直美さん(この日紅一点)がそのままトップキープし、レースをリード。徐々に後続を引き離し始める。レース中盤には後続との差が8秒ほどとなったが、ここで小林さんがミスを犯し、一気に後続の中島さんと有川さんが接近、中島さんにパスされてしまう。しかし、有川さんはここでマシントラブルからリタイヤ(無念)。中島さんを追いたい小林さんであったが、ここから追いあげてきた菊地さんとの接戦となり、ペースが上がらない。最後には菊地さんにパスされ、残念ながらこの組3位ゴールとなり、結局中島さんがトップゴールとなった。

 ミニB組は、スタートでジャンプアップした大森さんが、2周目には安部さんをパスしてトップに立ち、序盤のレースをリードするものの、追いあげてきた安部さんと梅森さんを押さえることが出来ず3位後退。代わって安部さんと梅森さんがトップ争いに浮上。トップ安部さんは梅森さんとのギャップを数秒キープしたまま終盤までレースをコントロール。最後に梅森さんに詰め寄られる形となったが、あっさり逃げ切ってそのままトップゴールを果たした。

 ミニA組は、PP山岸さんがM04後輪駆動のトラクションを生かし、一気にスタートで差を広げると、あっという間に独走態勢へ。焦点は2位以下の争いとなったが、高橋 潤さん、飯野さんが2位争いを展開。そのまま化かし合い(失礼、)に突入するかと思いきや、飯野さんがスタック(^^;、一気に最後尾まで後退してしまう。代わって菅原さんが3位に浮上、レース中盤には高橋さんの背後に付き、超接近戦を演じるが、菅原さんもレース終盤に入ったところでミスを犯してしまい4位に後退、代わって、序盤のミスから猛烈に追いあげてきた飯野さんが3番手に。しばし1秒前後の差をキープしていた飯野さんだったが、残り1分時点で背後に張り付かれる。聞くところに寄ると、この展開、飯野さんにとっては「負けパターン」とのことで、なんとかそれを打破すべく、隙のない走りを見せるのだが、残り5秒でファイナルラップに入ると、ストレートエンドのシケイン進入でインに突っ込みスタック(TT)。結局、菅原さんが3位、高橋さんが2位、山岸さんがトップでゴールとなったが、総合ではB組トップの安部さんが3位に入賞、2位が高橋さん、優勝が山岸さんとなった。

 アドバンスクラスB組は、序盤から大橋さんがトップに立つと、徐々に2位松野さんとの差を広げ、レース中盤には5秒差を付けるが、ここでマシントラブルから一気にペースダウン、大きく後退してしまう。代わって松野さん、菊地さんが繰り上がるとトップ争いを展開するが、8〜9秒差を菊地さんは詰めることが出来ず、結局、松野さんがこの組トップゴールとなった。

 アドバンスクラスA組は、2周目にクラッシュなどから大きく混乱、ほぼ最後尾だった今野さんが一気にトップに躍り出る波乱の展開。しかし、この波乱で最後尾に落ちた佐々木 駿さんが猛追を見せ、4周で全車をパスしてトップへ。今野さんは流石にこのハイペースに付いていくことが出来ずじりじりと後退、若干遅れて追いあげてきた梅森さんが2位へ浮上する。その後は梅森さんと佐々木 駿さんの一騎討ちとなったが、徐々に差が開きはじめ、残り1分で5秒差。最後に梅森さんが詰め寄ったが届かず、結局佐々木 駿さんが優勝となった。2位は梅森さん、3位には今野さんが入賞となった。

 スーパーソニッククラスB組は、スタートから都澤くんがトップに立つと、数周で後続に5秒差を付ける。マシンがかなり不安定な挙動を見せるため、ここから引き離すことは出来ない状況で後続とは我慢比べの様相に。その後続は、渡辺さんがしばし2位をキープしていたが、野村さんにパスされ3位後退。野村さんが都澤くんを追うことに。しかし、なかなかミスしない都澤くんに対し、若干ペースで劣る野村さんは終盤までに差を広げられ、8秒差に。最後に都澤くんのペースが落ち、5秒差まで詰め寄るも、ここでゴール!都澤くんがこの組トップゴールとなった。

 スーパーソニッククラスA組は、概ね綺麗なスタートであったが、山岸さん、久埜さんがクラッシュから遅れてしまう。トップはPP安部さんがキープ、それを梅森さんが追うのだが、ミスから後退、谷口さんが2位へあっさり浮上、安部さんを追走し始める。数周は3秒以内の差で食い下がっていた谷口さんであったが、ここから一気にペースを上げた安部さんを見て、あっさり追撃断念(^^;2位キープに作戦変更したらしい。一方、その後方では、後退していた山岸さんが追いあげてきて、梅森さんと3番手争いを展開。0.5秒差のバトルが延々続くことに。そして迎えた残り1分、谷口さんのマシンが突如コーナーを直進?!マシントラブルから無念のリタイヤとなってしまった。これで一気に2番手争いに繰り上がった、梅森さんと山岸さんのバトルは、土壇場で山岸さんが梅森さんをパスし、そのままゴール!2位入賞となった。3位は梅森さん、そして優勝は独走の安部さんであった。

 最後ののストッククラスは、大方の予想通り、宍戸さんがPPスタートから飛び出すと、そのまま後続との差を広げ、独走態勢に。注目の2位争いは、滝口さん、茨木さんらの接戦。そこに五十嵐さんも加わって、序盤は三つ巴。しかし、レース中盤に入る頃に五十嵐さんがミスから僅かに後退、2番手争いは茨木さんと滝口さんの一騎討ちの様相に。レース終盤にかけ、滝口さんが茨木さんとの差を詰めると、茨木さんの隙を突いて2位に浮上、徐々に差を広げるのだが、残り1分で二人ともミスを犯し、土壇場に来て五十嵐さんを含めた三つ巴に。そして迎えたファイナルラップ、0.2秒差で3台がなだれ込むと、茨木さん、滝口さんが土壇場でミス(?!)、何と五十嵐さんが土壇場で2位入賞となる大波乱の結果に。3位は滝口さん、そして優勝は宍戸さんであった。

 表彰式まで、終始、暖かい天候の中行われたEPシリーズ第4戦。次回も好天に期待!


優勝者セッティングデータ

クラス MINI ADVANCE SUPERSONIC STOCK
ドライバー 山岸  純 佐々木 駿 安部 俊幸 宍戸 和仁
シャーシ タミヤ M04 タミヤ TA-05 タミヤ TBevo4 MR4TC BDM
ボディ HPI ミニGT-1 ライド ダッジMkU タミヤ レガシィB42.0 ARD レクサス
モーター 540J タミヤスポーツチューン タミヤスポーツチューン テクトロ SP2
ギヤ比 ピニオン19T 23/70T 35/90T(5.90:1) 36/101T
バッテリー イーグルIB4200 インテレクト4200WC インテレクト4200VR-1 VELOCITY ワールド
ESC LRPクワンタムリバース フタバ MC330 フタバ MC800C ミラージュツイスター2.2
タイヤ F:RP36 R:RP30 F/R:SOREX 28R F/R:SOREX 28R F/R:采シルバードット
インナー F:ライド グリーン
R:ライド イエロー
F/R:シルバーアローズソフト F/R:ライド ソフト F/R:ボンバーレッド
トー F:? R:? F:0度 R:イン3度 F:アウト1度
R:イン3度
F:アウト0.5度
R:イン3度
スプリング F:タミヤ レッド
R:タミヤ イエロー
F:タミヤ イエロー
R:タミヤ レッド
F:HPI ホワイト
R:HPI ブルー
F:ヨコモ ピンク
R:ヨコモ ブルー
デフ ボールデフ F:ワンウェイ
R:ボールデフ
F:ワンウェイ
R:ボールデフ
F:ワンウェイ
R:ボールデフ
特記事項 終始グリップ不足に悩まされました。 過去最悪のグリップ”ドリドリ”


次回2008シリーズEP第5戦 2008/5/25(日) 反時計回り


皆さんの参加をお待ちしております。
りとるてっくitaサーキット