りとるてっくitaサーキット2008
シリーズ戦EP第10戦 レースレポート

りとるてっくitaレース運営委員会


★ミニクラスは菅原さんとの接戦を制した梅森さんが優勝!
☆アドバンスクラスは梅森さんが千葉さんの追走を振り切り優勝!!
★スーパーソニッククラスは安部さんがまさかのトラブルで梅森さんが優勝!!
☆結果的に梅森さんが3クラス全て優勝に!!


ミニ、アドバンス、スーパーソニック:ハーフコース8分間周回レース

MINI ADVANCE SUPERSONIC
1 梅森 伸也 21L 1 梅森 伸也 23L 1 梅森 伸也 23L
2 菅原 一行 21L 2 千葉 大樹 22L 2 渡辺憲一郎 23L
3 都澤 立樹 20L 3 佐々木雅彦 22L 3 都澤 立樹 23L
4 馬橋  潤 20L 4 高橋 文伯 22L 4 武田 剛志 23L
5 山岸  純 20L 5 山岸  純 21L 5 阿部 隆徳 23L
6 阿部 隆徳 20L 6 今野 卓哉 21L 6 安部 俊幸 23L
7 野村 順一 20L 7 佐伯  進 20L 7 五十嵐 優 22L
8 安部 俊幸 20L 8 菊池 義信 19L 8 柴田 雅敏 22L
9 清水 重彦 20L 9 有川 忠浩 19L 9 谷口 二郎 22L
10 佐藤  厚 20L 10 内山 拓哉 18L 10 千葉 大樹 22L
11 渡辺 和貴 19L 11 大竹  勝 16L 11 野村 順一 22L
12 柴田 雅敏 19L 12 小林 直美 14L 12 馬橋  潤 22L
13 今野 卓哉 19L 13 中島 達也 21L
14 佐々木 駿 18L 14 清水 重彦 21L
15 菊池 義信 17L 15 渡辺 和貴 21L
16 菅野 博光 17L 16 内山 拓哉 20L
17 松野 裕久 17L 17 佐々木 駿 17L
18 有川 忠浩 17L 18 佐藤 和宏 8L
19 千葉 大樹 4L 19 谷口 理一 8L
20 小林 直美 4L
決勝レースデータファイル(エクセルファイルを.zip形式圧縮)
※右クリックして、ファイルを保存後、解凍してください。

ミニクラス
2位 菅原 一行さん 優勝 梅森 伸也さん 3位 都澤 立樹くん


アドバンスクラス
2位 千葉 大輝さん 優勝 梅森 伸也さん 3位 佐々木雅彦さん


スーパーソニッククラス
2位 渡辺憲一郎さん 優勝 梅森 伸也さん 3位 都澤 立樹くん


全体写真
本格的な秋の好天・・・とはいきませんでしたが、まずまずの気候に!


 10/26(日)EPシリーズ第10戦が開催された。木曜まではしばらく秋晴れが続き、好天に恵まれるかと思いきや、当日はどんよりとした曇り空。しかし、日中雨は降ることなく、まずまずの天候の中参加者が集まってレース開催となった。今回のエントリーはミニ20名、アドバンス12名、スーパーソニック19名。ミニは相変わらずの盛況である。

 そんな中始まった予選はミニクラスから。いつもながらの強豪揃いであるが、今回は飯野さんが「大人の事情」とやらで欠席。若干寂しいながらも予選開始となると普段通りの熾烈な予選に。予選1本目は路温も低く、若干低調なタイムであったが、予選2本目には上位陣が23秒台に突入。都澤くん、馬橋さん、山岸さんが三つ巴のPP争いを展開するが、M04を駆る山岸さんがツーリング顔負けのコーナリングでPPを奪取!馬橋さんが2位、都澤くんが3位に。以下、決勝A組ボーダーは24秒台突入者となり、強者が集うA組になった。

 アドバンスクラスは、初参加の内山さんを含む12名でのアタック。中団グループは24秒台でもみ合う展開の中、上位陣は22秒台に突入。コンディションの好転した2本目には梅森さんがとうとう21秒台に突入し、ダントツのタイムでPP確定。2位は千葉さん、3位には佐々木雅彦さん、4位に高橋さんと22秒台のタイムを記録した3名が続いた。

 スーパーソニッククラスでも予選2本目に大半の方がタイムアップ、PP争いは20秒台へ突入。前回優勝の安部さんに加え、渡辺憲一郎さんが異次元のタイム争いを展開。先手を打った渡辺さんのタイムに安部さんは0.05秒及ばず、渡辺さんがPPを獲得!安部さんは2位に。以下、ミニ同様、22秒台に乗せた参加者がA組へ進出することとなり、こちらも決勝は激戦になりそう。

 午後からは決勝レースがスタート。まずはミニB組から。序盤の混乱をすっと抜け出た清水さんと佐藤 厚さんがトップ争いを展開。清水さんの隙を突いて佐藤 厚さんがリードを奪うが、周回遅れをパスする際に慎重に行き過ぎた佐藤 厚さんに清水さんが急接近!隙を突いて一気にパスしてトップへ。その後佐藤 厚さんは一旦離れるが、じりじりと接近。一時は1秒程度の差まで清水さんを追い込むが、清水さんは好きを見せることなく走りきり、見事、この組トップゴールを果たした。

 毎回激戦のミニA組は、若干フライング気味の参加者多数(^^;、運営判断でそのまま流したのだが、これが若干混乱を生み、スタート直後にPP山岸さんが最後尾近くまで遅れる大波乱。一方、トップは馬橋さんで梅森さんが追走する展開に。2分頃、馬橋さんがドライブミスで2位に後退してしまうが、直後にトップに立った筈の梅森さんもミス(^^;;。結局、トップ争いがミスの応酬で後続との差が詰まってしまう。僅差の熾烈なトップ争いはその後数周続いたが、ここで馬橋さん痛恨のミス再び。これが大きなロスとなり、一気に4番手まで後退してしまう。単独トップになった梅森さんは後は逃げるだけ。2位に浮上した菅原さんとの4秒差をキープすれば良い・・・筈だったか、ここで梅森さんもミス再び(^^;;;。一気に菅原さんにパスされてしまい、トップ陥落。終盤にかけ、目まぐるしいレース展開に。安定感抜群の菅原さんであったが、梅森さんからのプレッシャーは厳しく、数周後にはびったり背後に。と、ここで菅原さんが珍しくミスを犯し、梅森さんがまたもトップへ。その後は、残り2分まで差が1秒を切る緊迫したバトルとなるが、最後に菅原さんが痛恨のミス!これで差が2秒に広がった梅森さんはそのまま逃げ切り、苦しいレースをなんとか制した。2位は菅原さんが入賞。3位は終盤に三つ巴のバトルとなる激戦になったが、山岸さん、馬橋さんの強豪がミスやクラッシュに沈み、計測ライン直前で3位に躍り出た都澤くんが劇的な3位入賞を果たした。

 アドバンスクラスB組は、スタート後するすると後方から山岸さんが抜け出すと、佐伯さんをあっさりとパスしてトップに。その後は後続に対し毎周2秒差を広げる独走態勢に。終盤には2位の佐伯さんをも周回遅れにして、文句なしのトップゴールを果たした。

 アドバンスクラスA組は予想通り梅森さんがトップに立つものの背後に千葉さんが付け、梅森さんを激しく追走。序盤してタイマン勝負の様相に。しかし、ミニの混戦に比べれば余裕の有った梅森さんは、千葉さんのミスに乗じ一気に差を2秒に広げると、その後はじりじりと千葉さんを突き放す余裕の展開。終盤には約6秒差を付けた梅森さんは独走優勝を果たした。2位は千葉さん。3位は終盤まで高橋さんがキープしていたが、追いあげてきた佐々木雅彦さんが高橋さんをパスしてそのまま逃げ切り、3位入賞を果たした。

 スーパーソニックB組は、スタートダッシュを決めた谷口 理一くんと阿部さんが抜け出すとトップ争いを展開するが、谷口くんは序盤にしてクラッシュを喫し、マシンも不調に。その後無念のリタイヤに。その後は阿部さんがトップをキープするものの、五十嵐さんが後方から追いあげてきて中盤に接近戦に。五十嵐さんは勢いに乗って一気にトップに立つが、レースも折り返したところで阿部さんにパスされると、直後にドライブミスから5秒差に後退。楽になった阿部さんはそのまま逃げ切ってこの組トップゴールを果たした。

 最後のスーパーソニックA組はPP渡辺さんがスタートの混乱で後方に後退する一方、安部さんがトップに立ち、レースを引っ張る展開に。しかし、渡辺さんに先んじて2クラス優勝を果たして波に乗る梅森さんが安部さんに急接近。一気にパスしてトップへ。その後、安部さんは一旦引き離されるものの、中盤に梅森さんがミスを犯した隙に1秒以内の僅差に詰め寄る。その後は息も付けないような緊迫したバトルになるが、梅森さんは終盤まで隙を見せず3連勝を目指す。しかし、残り1分に梅森さんの僅かなミスを付いて安部さんがトップに!これで逃げ切れるかと思った安部さんであったが、後2周と言うところでクラッシュ!運悪く、モーターのコネクタが脱落してしまいすぐ復帰したものの万事休す。梅森さんは棚ぼたながらもトップに返り咲くと、急接近してきた渡辺憲一郎さんの追撃を振り切り、見事優勝!この日3クラス全てで優勝を果たした。2位は追い上げ及ばず渡辺さん、3位には安部さんの後退に助けられて都澤くんが入賞を果たした。

 最後に抽選会と表彰式が行われ、無事EP第10戦が終了。レース後は次週の耐久レースに向けてデータ取りに勤しむチームもちらほら。耐久レースも是非盛り上がって欲しいところだ。


優勝者セッティングデータ

クラス MINI ADVANCE SUPERSONIC
ドライバー 梅森 伸也 梅森 伸也 梅森 伸也
シャーシ タミヤ M03-M タミヤ TA-05 IFS-R タミヤ TRF-416
ボディ タミヤ スイフト タミヤ SC430 アトラス PONT-GR
モーター 540J タミヤGTチューン タミヤGTチューン
ギヤ比 ピニオン20T 21/70T(6.85:1) 37/105T(5.83:1)
バッテリー タムタム Hエナジー4300 タミヤGP3700HV モロテック ヴィガーパワー4600
ESC KO VFS-FR レイスピード VFS-1 HB REALコンペティション
タイヤ F/R:タミヤ60D Sグリップ F/R:タミヤ ファイバーモールドミディアムナローA F/R:SOREX 28R
インナー F/R:タミヤスポンジハード F/R:タミヤミディアム F/R:SOREXタイプBミディアム
トー F:アウト1度
R:イン2度
F:0度
R:イン3度
F:0度
R:イン3度
スプリング F:タミヤ イエロー
R:タミヤ 青
F:タミヤ レッド
R:タミヤ レッド
F:タミヤ 青
R:タミヤ 黄
デフ ボールデフ F:ワンウェイ
R:ボールデフ
F:ワンウェイ
R:ボールデフ
特記事項 Bメインで総合1位です ギヤ比以外はタミグラ仕様でした。


次回2008シリーズEP第11戦 2008/11/23(日) 反時計回り


皆さんの参加をお待ちしております。
りとるてっくitaサーキット