りとるてっくitaサーキット2009
シリーズ戦EP第1戦 レースレポート

りとるてっくitaレース運営委員会


★ミニクラスは梅森さんとの激戦を制した都澤くんが優勝!
☆アドバンスクラスは高橋さんが序盤から抜け出し独走優勝!!
★初開催のソニックチャレンジは馬橋さんが逃げ切って優勝!!
☆スーパーソニッククラスは10分レースとなり、終盤にバッテリーダウン続出(^^;


ミニ、アドバンス、ソニックチャレンジ:ハーフコース8分間周回レース
スーパーソニック:ハーフコース10分間周回レース

MINI ADVANCE SONIC
CHALLENGE
SUPERSONIC
1 都澤 立樹 20L 1 高橋 文伯 21L 1 馬橋  潤 22L 1 横倉  伸 29L
2 梅森 伸也 20L 2 菅原 秀幸 19L 2 山岸  純 22L 2 安部 俊幸 28L
3 鈴木駿太郎 20L 3 菅野 博光 19L 3 梅森 伸也 22L 3 都澤 立樹 28L
4 山岸  純 20L 4 松野 裕久 19L 4 大宮 弘人 19L 4 武田 剛志 28L
5 中村 順一 20L 5 小野 輝昭 18L 5 松野 裕久 17L 5 梅森 伸也 28L
6 小野寺豊尚 20L 6 武田 隆宏 15L 6 佐々木雅彦 15L 6 林 健太郎 28L
7 安部 俊幸 20L 7 茨木 誠治 28L
8 阿部 隆徳 19L 8 柴田 雅敏 28L
9 柴田 雅敏 19L 9 滝口  浩 28L
10 野村 順一 19L 10 谷口 二郎 28L
11 畑中 俊昭 19L 11 阿部 隆徳 27L
12 黄木 謙一 18L 12 五十嵐 優 27L
13 佐藤  厚 18L 13 中村 順一 27L
14 馬橋  潤 18L 14 野村 順一 27L
15 大宮 弘人 18L 15 谷口 理一 26L
16 中島 達也 18L 16 後藤 哲弥 26L
17 小野 輝昭 17L 17 佐々木 駿 26L
18 飯野 喜貴 16L 18 飯野 喜貴 24L
19 後藤 尚美 15L 19 中島 達也 19L
20 鈴木駿太郎 16L
21 増川 正治 16L
決勝レースデータファイル(エクセルファイルを.zip形式圧縮)
※右クリックして、ファイルを保存後、解凍してください。

ミニクラス
2位 梅森 伸也さん 優勝 都澤 立樹くん 3位 鈴木駿太郎くん


アドバンスクラス
2位 菅原 秀幸さん 優勝 高橋 文伯さん 3位 菅野 博光さん


ソニックチャレンジクラス
2位 山岸  純さん 優勝 馬橋  潤さん 3位 梅森 伸也さん


スーパーソニッククラス
2位 安部 俊幸さん 優勝 横倉  伸さん 3位 都澤 立樹くん


全体写真
寒かったですが、ほぼ終日日差しがあり、日向はそれなりに暖かい一日でした。


遅ればせながら2008年シリーズチャンプのシャンパンファイト!
ミニ&アドバンス:梅森 伸也さん スーパーソニック:安部 俊幸さん
おめでとうございます!!


 去る1/25(日)、2009EPシリーズ第1戦が開催された。天候が心配されたが、日差しもそこそこあり、日向にいる限りはまずまずの陽気。しかし、日陰ではやはり冬の寒さが身に染みる(^^;。そんな中、開幕戦からのべ50名以上の遠エントリーを集め、レースはスタートすることに。

 EPのレースは新コース初。やはり全体のペースに注目が集まる中、ミニクラス予選がスタート。去年も最も接戦の多いクラスだったが、今年も全く同様。19名中10名が25秒を切り、昨年より若干落ちるかどうかのペースを刻む。その中でも上位4名が24秒前半に突入!激しいタイム争いとなるが、梅森さんが唯一23秒台のタイムを叩き出してPPを獲得。以下、2位阿部さん、3位都澤くん、4位山岸さんと続いた。2〜4位は約0.1秒差しか無く、決勝は2位争いがに注目か?!

 次はアドバンスクラス。今年からタミヤGP規則にかなり近いギヤ比(7.1)設定となり、若干トップスピードは落ちたが、高橋さんが図抜けて早く22秒台。余裕のPPに。2位以下は混戦だったが、菅野さんが頭一つ抜け出して2位に。3位には武田さんが付けた。決勝は高橋さんの独走になりそう。

 次は今年新設されたソニックチャレンジクラス。6名エントリーは若干寂しいが、上位3名は厳しいタイム争いに。22秒台の攻防となったが、馬橋さんが一人22秒台前半のタイムを叩き出してPPに。2位は0.5秒差を付けられて山岸さん、3位は山岸さんに0.1秒遅れで梅森さんが付けた。決勝はこの3台の攻防に注目。

 予選最後はスーパーソニッククラス。こちらもレギュが変更され、ギヤ比5.5&決勝10分(!!)と大幅に変化。予選はまずスピード勝負のタイムアタック。その予選は半数以上が21秒台に突入し、ここも大激戦となったが、横倉さんが一人20秒台に乗せて、見事PPをゲット!2位争いは21秒頭での接戦だったが、林さんが僅かに茨木さんを退けて(その差0.02秒!)2位に獲得。3位は茨木さんに。A組進出は21.73の都澤くんまでで、中村さんが0.01秒差でB組に。決勝は久しく無かった10分長丁場をきっちり走りきれるかがポイントとなりそう。

 午後からは決勝レーススタート!最初はミニB組から。スタート後の混乱を畑中さんが抜け出し、トップに立つが、2位争いから抜け出してきた柴田さんが猛追。一気に背後に迫ると、数周後には畑中さんをパスしてトップに。畑中さんは柴田さんのペースに付いていけずじりじり後退、そのまま柴田さんがトップゴールを果たした。この組2位には畑中さん、3位には佐藤 厚さんとの接戦を制した黄木さんが入った。

 次はミニA組決勝。綺麗なスタートだったが、2位スタートの阿部さんが序盤にミスから後退、梅森さん俄然有利かと思われたが、若きホープ都澤くんがすぐさま猛追。隙を突いてトップに立つと、梅森さんとのガチンコ勝負がスタート。一時は差を広げる勢いであったが、梅森さんも踏ん張り、中盤には激しくプレッシャーをかける。そしてレース折り返しの4分過ぎには強引に都澤くんのインをこじ開けてトップに。アナウンスからは「ぶつけて抜くのは、ずうぇったいダメ!(-_-##」などと突っ込みが(^^;これにカチンときたか、都澤くんは、梅森さん以上のプレッシャーを背後からかけ続けると、終盤に一瞬の隙を突いて、トップに返り咲く!そしてそのまま逃げ切った都澤くんが見事優勝!となった。2位は梅森さん。3位争いは、序盤から終盤まで中村さん、山岸さん、駿太郎くんの三つ巴の大激戦だったが、土壇場で駿太郎くんが大人2台をかわして入賞を果たした(^^)V。

 アドバンスクラスは、予想通り、スタートから高橋さんが抜け出すと、そのまま独走態勢。自ずと注目は2位以下の争いに。菅野さんと菅原さんが接戦を繰り広げるが、中盤に武田さんも加わり三つ巴。と、ここで菅野さんと菅原さんが絡んだ隙に武田さんが一気に2位浮上!これはラッキーと思った矢先に武田さんはトラブルから一気にペースダウン、大きく後退してしまう。結局2位争いはまたも菅原さんと菅野さんのタイマン勝負に。終盤はこれに松野さんが背後に付けて三つ巴になりそうだったが、3台は絡むことなく、そのままゴールに。結局、高橋さんが独走優勝!2位は菅原さんが辛くも逃げ切り。3位は、残念、菅野さんとなった。

 ソニックチャレンジクラスは、予想通り、スタートから予選上位3台のトップ争い。馬橋さん、山岸さん、梅森さんの順位で序盤を経過。と、ここで山岸さんが一旦差を大きく詰めるが、その後は馬橋さんに毎周じりじりと離され、苦しい展開。3台は5〜6秒間隔の差まで広がると、お互い我慢比べの様相に。終盤には3位梅森さんが山岸さんとのさを徐々に詰めてくるが、背後に付く前にタイムアップ!結局、馬橋さんがソニックチャレンジクラス初の勝者となった。2位は山岸さん、3位には梅森さんと常連が名を連ねる結果となった。

 スーパーソニックC組は久々の10分決勝レース。途中、アナウンスが8分レースと勘違いするハプニングも(^^;(すんません)。スタート直後は順位の入れ替わりもあまり無く、静かなレースであったが、その後目まぐるしく順位が入れ替わる。飯野さんが最初トップだったが、序盤にしてペースダウン。何故に???と思ったら、どうもバッテリーの調子が悪いらしく、中盤には止まりそうな勢い(^^;。あわててバッテリー交換を行う羽目に。これであっさりトップ争いから脱落。代わってトップに立ったのは佐々木さんであったが、その後方から猛追する五十嵐さんのプレッシャーにあっけなくトップ陥落。五十嵐さんはトップに立つとその後は独走ペース。一緒に2位浮上してきた野村さんを寄せ付けないペースで逃げ切り、この組トップゴールを果たした。

 スーパーソニックB組もかなり激しいレースに。トップスタートの中村さんが序盤こそトップキープしたものの、ミスから一気に後退すると、中団グループに飲み込まれ、なかなかペースアップできない。代わって阿部さんがトップに立つが、こちらも後方から追い上げてきた滝口さんにパスされ、中盤までに2位後退してしまう。滝口さんはそのまま逃げ切る展開に持ち込めそうだったが、阿部さんとの2位争いを制して梅森さんが終盤にかけて接近。一気にパスした梅森さんはそのまま逃げ切って、この組トップゴールに。滝口さんはその後柴田さんにも抜かれ、この組3位に。

 最後はスーパーソニックA組。流石にスタート直後でも約2秒で残者連なるようにオープニングラップをクリア、接戦になりそうな雰囲気がひしひしと伝わってくる。しかし、トップ争いは直後に激しくなり、林さん、茨木さん、横倉さんが三つ巴で火花を散らすと、僅かな隙を突いて茨木さんがトップに立ち、あっという間に2位以下に大きなマージンを築く事に成功。そうはさせじと、林さんと横倉さんが追走するが、ここで林さんが僅かにミスを犯し、6番手まで後退してしまうと、一気に楽になった横倉さんが単独2位に浮上。3位安部さんとのマージンを広げつつ、茨木さんにつかず離れず追走。ここからは一進一退の攻防が続く。レースも終盤に差し掛かってきた20周頃、このまま逃げ切れそうかなと思われた茨木さんに異変が。8分レースならゴールになる時間だったのだが、ここに来てまさかのバッテリーダウン!じわじわペースが落ち始める。こうなると万全の横倉さんの追い上げを阻止する術もなく、あっさりとトップ陥落。最後には最後尾まで後退する悪夢の展開となってしまった(涙)。一方、念願のトップに立った横倉さんは、最後に安部さんに詰め寄られるものの、何とか逃げ切り、スーパーソニッククラス優勝を果たした。2位は追い上げ届かず、安部さん。3位は終盤に武田さんと林さんを一気にパスした都澤くんが入賞となった。

 最後に抽選会&表彰式、また、昨年最終戦に出来なかった、シリーズチャンピオンの表彰とシャンパンファイトが行われ、無事開幕戦が終了。今年のレギュレーションでは、特にスーパーソニッククラスの終盤にドラマが繰り返されそう。しばらくは参加者の試行錯誤が続きそうだ。


優勝者セッティングデータ

クラス MINI ADVANCE SONIC CHALLENGE SUPERSONIC
ドライバー 都澤 立樹 高橋 文伯 馬橋  潤 横倉  伸
シャーシ タミヤ M03 タミヤ TA05IFS-R タミヤ TA05IFS-R タミヤ TRF416WE
ボディ タミヤ スイフト タミヤ GT−R35 タミヤ SC430 ブレード Mk-4
モーター 540J タミヤスポーツチューン タミヤスポーツチューン タミヤGTチューン
ギヤ比 ピニオン20T 20/70T(7.19:1) 33/105T(6.53:1) 28/75T(5.50:1)
バッテリー インテレクト4200 モロテック アトランティス4500 インテレクト4200VR-1 Gスタイル アトランティス4500
ESC フタバ MC230 フタバ 850C KO VFS-1 C2 KO ツイスター2.3
タイヤ F:タミヤ タイプA
R:ジェネテックソフト
F/R:ミクニ 24 F/R:SOREX 24R F/R:SOREX 24R
インナー F:タミヤハード
R:スポンジ
F/R:ミクニ ミディアム F/R:ボンバーレッド F/R:ミラージュ AHブラック
トー F:アウト1度
R:イン2度
F:0度
R:0度
F:アウト0.5度
R:イン3.0度
F:イン0.5度
R:イン3度
スプリング F:タミヤ 赤ショート
R:タミヤ 黄ショート
F/R:タミヤTA02用金 F/R:タミヤ イエロー F:タミヤ ブルー
R:タミヤ イエロー
デフ ギヤデフ F:ワンウェイ
R:ボールデフ
F:ワンウェイ
R:ボールデフ
F:ワンウェイ
R:ボールデフ
特記事項 センターワンウェイ使用
モロテックバッテリーとミクニタイヤは良いです!(^o^)
スタビ
F:イエロー
R:レッド
パラゴン白缶
10分レースはつらいっす(^^;


次回2009シリーズEP第2戦 2009/2/22(日) 反時計回り


皆さんの参加をお待ちしております。
りとるてっくitaサーキット