りとるてっくitaサーキット2008
シリーズ戦GP第8戦 レースレポート

りとるてっくitaレース運営委員会


★B50クラスは、佐々木さんと林さんのガチンコ対決となるが・・・
☆インファーノGTクラスは、今回も鈴木 亙さんと佐藤 厚さんのタイマン勝負!!
★J60クラスは、小林さんと渡辺さんが序盤厳しい接戦に。果たして結果は・・・


決勝結果 全員決勝 周回レース
B50:20分 ゴムタイヤ、フルコース
インファーノGT:20分 ゴムタイヤ、フルコース
J60:20分 4st限定、ゴムタイヤ、フルコース

B50 InfanoGT J60
1 佐々木 力 42L 1 鈴木  亙 35L 1 小林謙一郎 42L
2 林 健太郎 40L 2 佐藤  厚 34L 2 渡辺 幸樹 39L
3 大沼 勝典 37L 3 鈴木  亙 25L
4 大野 龍治 34L 4 武田 剛志 24L
5 阿部 善弘 32L
6 佐藤 吉彦 15L
決勝レースデータ(エクセルファイルzip圧縮)
※右クリック→ファイルを保存→解凍してください。


B50クラス
3位 大沼 勝典さん 優勝 佐々木 力さん 2位 林 健太郎さん



infanoGTクラス
2位 佐藤  厚さん 優勝 鈴木  亙さん



J60クラス
2位 渡辺 幸樹さん 優勝 小林謙一郎さん 3位 鈴木  亙さん



全体写真
天候が危ぶまれましたが、薄曇りながらも猛暑に(^^;;;


 去る8/3(日)、GPシリーズ第8戦が開催された。8月は東北地区でタミヤGPや京商カップなど、ビッグレースが相次いで開催される関係で、りとるてっくのシリーズ戦はGPが第1日曜日、EPが第5日曜日(8/31)に日程変更しての開催となった。梅雨明け後は今一つ不順な天候であったが、この日は薄曇りながらも仙台にしては猛暑。30℃オーバーの気温はマシンにもドライバーにも負担がかかる(^^;

 そんな中B50クラスから予選開始!この日は6名のエントリーを集めたが、中でも久々参加の佐々木さんが好調。林さんと共にトップ争いを展開するが、一人27秒台に乗せて、佐々木さんがPPを奪取!林さんは2位に。3位争いは接戦であったが、大野さん、阿部さんを上まわった大沼さんが3位に付ける結果に。

 インファーノGTクラスは今回も厚さんと亙さんの一騎討ち。前回、決勝でタイヤチョイスをミスした厚さんは、今回は普段通りの走り。亙さんと互角のタイム争いとなるが、0.4秒差を付けて厚さんがPPを獲得。一方の亙さんは決勝での逆襲を狙う。

 若干少ないメンツで開催となったJ60クラスは、全般的にスローペース。小林さんが一早く27秒台に乗せたが、最大のライバル、渡辺さんも28秒台止まり。PPは小林さんがゲット、2位争いは武田さんと渡辺さんが接戦となるが、意地を見せた渡辺さんが2位、僅差で武田さんが3位となった。

 ゆったりしたスケジュールで午後から決勝レースがスタート。最初はB50クラスから。スタートから予想通り、佐々木さんと林さんが抜け出す一方、3周目には佐藤 吉彦さん、大野さんがトラブルで遅れ、大沼さんと阿部さんが3位争いに。トップ争いは、佐々木さんに林さんが序盤食い下がっていたが、僅かにペースが速い佐々木さんに、じりじりと引き離され始める。そして迎えた最初の給油、佐々木さんは7分ほどで給油を済ませたが、林さんはまだ入らず、8分過ぎまで引っ張る作戦。ところが、予想外のガス欠に見舞われ、給油&素早くエンジンスタート、復帰したものの、50秒近いロス(^^;。これで一気に佐々木さんと差が開いてしまう。これで佐々木さんは安泰かと思われたが、若干リヤタイヤが心許ない状況でペースが上がらず、ワンミスが怖い状況。2周近い差ながらも緊張を強いるドライブ続く事に。一方、3位は大沼さんと阿部さんが争っていたが、徐々に大沼さんが阿部さんを引き離し始め、10分過ぎには1周近い差を奪い、ほぼセーフティーリード。そのまま終盤を迎えたところで、阿部さんが無念のリタイヤに。これで順位はほぼ確定、そのままゴールとなり、優勝佐々木さん、2位林さん、3位大沼さんという結果となった。

 インファーノGTクラスは、スタート直後は亙さんが厚さんの背後に付け、激しくプレッシャーをかけるが、ペースが安定せず、僅かなミスの積み重ねで、徐々に差が広がり、10秒前後の差を挟んでの攻防に。そうして迎えた最初の給油で、厚さんがまさかのエンスト(^^;復帰に手間取り、3周近いロス。これでまたも大きなリードを得た亙さんであったが、2回目の給油で今度は亙さんもトラブル(苦笑)。しかし、素早く復帰し、ロスは最小限とすることに成功。この時点で1周半のリードをキープした亙さんは、そのままトップでゴールし、連勝を果たした。来月は厚さんの雪辱なるか・・・

 最後のJ60クラスは、スタートは小林さんが無難にトップキープしたものの、2位渡辺さんの追いあげ激しく、序盤は久々の接近戦。一進一退の攻防となるが、5分過ぎに渡辺さんが徐々にペースダウン。最初の給油を終えると6〜7秒差となり、バトルも一段落。一方、最初の給油では亙さんにトラブル発生、復帰に手間取り、大きく遅れてしまう。レース中盤はトップ小林さんを渡辺さんが追うが膠着状態、武田さんが3位に付ける状況のまま、2回目の給油に。ここで今度は武田さんと渡辺さんにトラブルが。小林さんはそのまま問題なく復帰するものの、渡辺さんはエンストを喫し、一気に遅れてしまう。更に武田さんはそのままリタイヤに(涙)。これでトップ、2位はほぼ確定、3位争いは、トラブルから復帰した亙さんが、武田さんの周回数を越えられるか微妙なところ。そして迎えた残り1分、注目の亙さんの周回数はファイナルラップで何とか武田さんラップを越え、ぎりぎりで3位に繰り上がったところでゴール!優勝小林さん、2位渡辺さん、3位は逆転の亙さんという結果となった。

 最後に表彰式&抽選会が行われ、無事第8戦も猛暑の中終了。秋からはシリーズ戦も終盤に突入、きつい天候も落ち着き、好天に恵まれることを期待したい。


優勝者セッティングデータ

クラス B50 InfanoGT J60
ドライバー 佐々木 力 鈴木  亙 小林謙一郎
シャーシ 京商 VoneS3 京商 インファーノGT 京商 VoneRRR
ボディ 京商 Z 京商 BMW M3 京商 レクサス
エンジン 京商 GXR15 OS 21VG OS FS26S-C
ギヤ比 不明 18/44 20/51-27/46
燃料 京商
カナイフューエル(20%)
コスモ
レーシングスター(20%)
コスモ
ブラックスペシャル(25%)
プラグ OS 8番 OS No.8 REX ノーマル5番
タイヤ F/R:京商 ミディアム F/R:京商 V45 F/R:京商 35V
インナー F/R:京商 イエロー F/R:付属スポンジ F/R:ボンバー レッド
トー F:アウト2度
R:イン3度
F:0度
R:イン3度
F:アウト0.5度
R:イン2.0度
スプリング F:京商 グリーン
R:京商 グリーン
F/R:京商 シルバー
F:京商 イエロー
R:京商 グリーン
デフ F:#50000
R:#4000
F:#5000
R:#2000
F:#500000(2ベベル)
R:#3000(2ベベル)
特記事項 777用エアクリーナ(笑) キャブ:1A-BK6
フロントアッパーアーム取付位置:F上から2番目 R一番下
リヤロワアーム取付位置:F一番上 R下から2番目

次回2008シリーズGP第9戦 2008/9/14(日) 反時計回り


皆さんの参加をお待ちしております。
りとるてっくitaサーキット