りとるてっくitaサーキット2008
シリーズ戦GP第10戦 レースレポート

りとるてっくitaレース運営委員会


★B50クラスは、山岸さん、林さんを筆頭に中盤まで全車同一周回の大混戦!しかし後半に波乱が・・・
☆J60クラスは、小林さんが序盤から抜け出して独走!


決勝結果 全員決勝 周回レース
B50:20分 ゴムタイヤ、フルコース
J60:20分 4st限定、ゴムタイヤ、フルコース

B50 J60
1 林 健太郎 41L 1 小林謙一郎 44L
2 佐藤 吉彦 41L 2 渡辺 幸樹 40L
3 武田 剛志 40L 3 和久 浩一 39L
4 郡川 隆雄 39L
5 山岸  純 37L
6 大野 龍治 36L
決勝レースデータ(エクセルファイルzip圧縮)
※右クリック→ファイルを保存→解凍してください。


B50クラス
2位 佐藤 吉彦さん 優勝 林 健太郎さん 3位 武田 剛志さん



J60クラス
3位 和久 浩一さん 優勝 小林謙一郎さん 2位 渡辺 幸樹さん



全体写真
久々に絶好の好天に恵まれました!!

 10/12(日)、GPシリーズ第10戦が開催された。ここの所、不順な天候に振り回されていたが、この日は絶好の好天!若干強い風ではあったが、心地よい風と日差しに恵まれ、最高の天候となった。しかし、3連休の中日、しかも、芋煮会シーズン真っ盛りと言うことで、参加者は少なめだが、B50クラスは最終的に6名のエントリーが集まり、接戦が展開された。

 のんびり始まった予選はB50クラスから。ベテランから新人まで入り交じっての予選であったが、始まってみるとタイム差が非常に接近、僅差の予選順位争いに。そんな中、PP争いはやはり経験豊富な林さんと山岸さん。予選1本目では0.01秒差で山岸さんがリードするも、林さんは2本目で更にタイムアップ。しかし、山岸さんは28.02のベストを叩き出し、28.15の林さんを突き放してPPをゲット。以下、林さん、郡川さん、佐藤 吉彦さん、武田さん、大野さんと続いた。しかし、最下位だった大野さんまで約1秒差の僅差。特に武田さんと吉彦さんは全くの同タイムを記録するなど、決勝では接戦必至となりそう。

 J60クラスは、小林さん、渡辺さん、和久さんの3名での予選。好天にひときわ白煙が目立つ4stが走る。今回も小林さんと渡辺さんのPP争いとなるが、小林さんが1本目に好タイムを記録し、先手を打つ。対する渡辺さんは2本目に僅差まで追い込むものの、肝心の所でエンストが(^^;。燃調も今一合わず、もう少しのところで小林さんに及ばず。結局、小林さんがPP、以下、渡辺さん、和久さんと続いた。

 2クラスのみの開催と言うこともあり、この日は急遽午前中に決勝レースまで進めることに。予選から決勝になだれ込む。B50クラスは予想通り、スタートで林さんと山岸さんが若干抜けだし、トップ争いを展開するも、後続もそれほど離されず追走、全車連なりながらオープニングラップをクリア。しかし、直後に林さんと山岸さんが接触し、山岸さんがコースサイドにはじかれるクラッシュ。ここで林さんは押し出したミスを認め、山岸さんの復帰までその場でストップ。復帰したところでバトル再開となったが、この間に佐藤 吉彦さんが先行してトップに。ここで順位は吉彦さん、山岸さん、郡川さん、林さんとなり、山岸さんは吉彦さんをすぐさま猛追、あっさりとパスしてトップに立つ一方、林さんは郡川さんをパスするのに数分を要し、この間に山岸さんとの差が開く苦しい展開。2位に吉彦さん、3位林さんの順番で5分経過。ここから各車給油タイミングに突入。トップの山岸さんと武田さんは3ストップで、5分経過直後に給油、吉彦さんと郡川さん、大野さんは順当に2ストップ作戦で7分前後に給油に入る。燃費の良い林さんの給油ピットに注目が集まるが、なかなかピットピンしない。通常だと8分過ぎに入るのだが、この日は9分過ぎても入らず。何と10分給油の1ストップ作戦のギャンブルに出る!そして10分丁度にピットイン!無事エンストすることなく復帰することに成功!後は最後まで燃料が持つかどうかがカギに。予想外の展開に、山岸さんは27秒台前半のベストラップを叩き出し、猛烈に林さんのマージンを削りにかかる。が、ここで山岸さんはほぼ全開でつっこめる高速コーナーの進入でミス!縁石に乗り上げたマシンは宙を舞い、高速コーナー外側のフェンスまでダイブ(^^;。何とか復帰を果たすものの、2分近いロスを喫し、万事休す。こうなると、林さんの燃料が最後まで持つかに注目が集まったが、2位吉彦さんと互角のペースをキープしゴールへ突き進む。結局、林さんの1ストップ作戦は成功!見事、優勝を果たした。2位は佐藤 吉彦さん、3位には排気系トラブルを抱えながらも郡川さんを振り切った武田さんが入賞となった。

 最後はJ60クラス。スタートでは毎回小林さんが先行、渡辺さんの猛追を受け、厳しい序盤になるのがこのクラスの最近の展開であったが、この日もこの展開。しかし、渡辺さんは決勝になると毎回何故か燃調が狂う。この日もエンジンのふけの悪さに悩まされ、あっさりと小林さんに先行を許してしまう。しかも、レース中、エンストにも見舞われ万事休す。小林さんが中盤以降独走で優勝を果たした。2位は無念・渡辺さん、3位には和久さんが入賞となった。

 午前中にレースが全て終了、昼休みを使って表彰式と抽選会が行われ、無事レース終了。午後は皆さん思いのままに走り込みやセッティングに勤しみ、久々の心地よい天候とサーキット走行をエンジョイしたようである。


優勝者セッティングデータ

クラス B50 J60
ドライバー 林 健太郎 小林謙一郎
シャーシ 京商 FW-05S 京商 VoneRRR
ボディ 京商 レクサスSC430 京商 レクサスSC430
エンジン 京商 GXR15 OS FS26S-C
ギヤ比 6.95-5.11 20/51-27/46
燃料 コスモ
フィールドマスター(20%)
コスモ
ブラックスペシャル(25%)
プラグ OS 8番 REX ノーマル5番
タイヤ F/R:京商 35V F/R:SOREX 32R
インナー F/R:京商 スポンジ F/R:ボンバー レッド
トー F:0度
R:イン2度
F:アウト0.5度
R:イン3.0度
スプリング F:京商 グリーン
R:京商 グリーン
F:京商 イエロー
R:京商 グリーン
デフ F:#500000
R:#2000
F:#500000(2ベベル)
R:#3000(2ベベル)
特記事項 キャブ:1A-BK6
フロントアッパーアーム取付位置:F上から2番目 R一番下
リヤロワアーム取付位置:F一番上 R下から2番目

次回2008シリーズGP第11戦 2008/11/9(日) 反時計回り


皆さんの参加をお待ちしております。
りとるてっくitaサーキット