りとるてっくitaGP/EPシリーズ戦について


・概要
 りとるてっくitaサーキットでは毎月GP/EPシリーズ戦を開催しております。
 レース運営委員会主催のツーリング&ゴムタイヤメインのレースです。


・GPシリーズ戦
 りとるてっくのGPシリーズ戦と切っても切れないのが京商カップ。運営委員の主要メンバーのうち数人は、京商カップに参加するためにGPツーリングを始めたため、彼らは京商カップファイナル進出を目標にレース活動を行ってきました。現在ではファイナル常連とも言えるチームもおり、草レースとしてはそこそこのレベルでレースが毎月開催されております。とはいってもそこは地方の草レース。毎月和気藹々とした雰囲気の中、皆さん楽しく参加されている様です。ハーフコースのL100クラスからラジコン馬鹿の最高峰とも言える(?!)ランドマックスクラスまで多彩なクラスがあります。


・EPシリーズ戦
 ラジコン初心者向けに開催されるようになったEPシリーズ戦は、初心者から中堅クラスの皆さんに楽しんでいただけるようなレースを目指しております。シリーズチャンピオンがかかるタミヤクラスやストッククラスといった若干真剣に取り組むようなシリアスなクラスと、参加者主体でレギュレーション等を決めて楽しむレース(オプショナルクラス)が開催されております。(現在、ミニクラスが異様に盛り上がってます^^)初めてレースに参加される方でも気楽に参加していただける草レースです。エキスパートの方も時々息抜きにご参加頂いているようです。


・開催日
  GP:毎月第2日曜日 EP:毎月第4日曜日
  ※朝9:00から参加受付となります。
  ※雨天の際は中止となります。基本的に延期は致しません。
  ※なお、当日の天候次第ではタイムスケジュールを繰り下げて開催する場合があります。
  ※判断に迷う場合は出来るだけ一旦サーキットに起こし頂くようお願い致します。
  ※レギュレーション等詳細は、各ページをご参照下さい。


・運営委員会って何?

 サーキットオーナーの板橋さんは実はラジコンに関しては、ずぶの素人。そこで是非レースがしたい常連の皆さんがオーナーに許可を頂いてレース運営を行うようになったのがりとるてっくitaのレース運営委員会です。基本的にラジコンと、りとるてっくitaサーキットが大好きな皆さんが集まってレースを運営しております。尚、運営委員の特典はレース日の昼飯とレース後のお茶だけで、基本的にボランティアです。もし、運営に携わりたいという方がいらっしゃいましたら、是非運営委員までお申し出下さい。運営とレース参加の同時進行はなかなかきついですが、運営ならではの面白さが有ります。ちなみに私はGPシリーズ戦では3役兼務+レースエントリーしてます(笑)。

 現在運営委員会は、シリーズ戦担当とイベント担当に分かれて下記の実務に当たっております。
 ・レース運営
 ・レースレポート作成等広報活動
 ・レギュレーション立案及び決定
 ・各種イベント立案と実行
 ・コースレイアウト変更(年1〜2回)
 等です。特にレースレポートはサーキットをはじめ、仙台近郊の模型店さんにご協力いただき、下記の各店に配布させていただいております。(敬称略、順不同)

 ・ナカムラ模型
 ・ファースト模型
 ・マキシム
 ・模型倶楽部
 ・アーベント


・運営委員紹介

 ・主担当:
  SpeedBuster(競技委員長)
   →りとるてっくGPツーリングの生き字引。最近ただのおじさんになりつつある(^^;
  あつ(電動部長)
   →使う車はすべて2WD(!)というこだわりの人。「フロントデフはリヤの予備」との名言も。
  ウマハシ(アナウンスサポート等)
   →4stといえばこの人であり、りとるてっく屈指の激速給油マン。頼れる一人。

 ・サポート:
  かの(運営委員会会長)
   →SpeedBusterと共にりとるてっく誕生当初より運営に携わる。?年前のシリーズチャンピオン。
  後藤(同副会長)
   →レースよりも楽しく走るのが大好き。かの会長同様、古くからりとるてっくに通う一人。