我が家の温室



・場所   車庫上(地上2階)
・広さ    三坪(約10u)
・材質   骨組み=日本檜
・屋根 =グラスファイバー
・窓   =アルミサッシ
・照明    蛍光灯
・換気扇  直径30cm(サーモ付)
・棚     木製(人工芝)
秋から冬を経て春までは、サーモを付けた換気扇があるので締め切ってます。
夏は全面開放して、遮光なしですごします。(種類によっては直接球体に寒冷紗を掛けてます。)
高温や強光線が必要な苗は吊っています。(特に大事なものだけ。)
ギムノカリキウムが栽培苗の7割ほどになるので、かなり多湿にしてあります。
だから、ギムノや牡丹類はよくできるのですが、フェロカクタスなどはアレオーレが黒くカビてしまいます。



棚の改造

 

3月8〜9日にかけて、我が家の温室の棚を改造しました。


@

A

B

C

D

@棚板に「センチュリーボード」を使用。これで腐らない。
  土留に高さ6cmの桟を取り付ける。

A断熱材として20oの「スタイロフォーム」という、発泡スチロールより熱伝導率がはるかに低いものをひく。

Bその上に「防湿シート」という透明のシートを2重にひいて、全面にバーミキュライトを4cmひきこんだ。

Cアップ

Dブロックの上に雛壇式の棚を置く。


E

F

G

Eサボテンを搬入。これで今晩は布団で寝れる。

FGアップ


作業場のビニールハウス

3月31日 地植用のブロック製花壇を製作。
4月20日 8.7坪のビニールハウスを新築。
4月25日 棚を製作。地植の植込み完了。


地植用の花壇。
土は120袋購入。

先ず骨組から。
穴を空け差込む。

横つなぎをとる。
専用金物で固定。

ビニールを貼り、
バンドで押さえる。

完成。
約8.7坪のハウス。

ハウスの中。
寒冷紗を貼った。

地植花壇其の一
エキノカクタスで。

地植花壇其のニ
フェロカクタスで。

東の棚は3間。
断熱材をひいてある。

これも東側。
西側は2間ある。

残りの1間は
接木用で地べた。

新築祝に村主さん
に頂いたアガベ。

75cmの親2株から
大小25の仔。

作業小屋の東側。
オプンチアを地植に。

大したものはありませんが、西宮にお越しの際にはぜひお立ち寄りください。