Q1吹き付けとローラーとどちらがいいのですか?
A
スタッコやボンタイル(玉を壁に吹きつけている壁)の壁は、玉やカット面をボケないようにする時は吹き付けますが、基本的にコンプレッサーの音やトビ散り等の近所迷惑や強度(ローラーの手塗りのほうが吹きつけより厚く塗れる)を考えればローラーの手塗りの方がいいでしょう。
>メニューへ

Q2木部はペンキはいやなのですが?
A
確かに木部、破風板、鼻隠板、垂木など特に和風の家は オイルスティン(つや消しで着色するよくラットデッキに塗っている物)仕上げの方が良いです。
ただし10年以上手をくわえていない木部とか木がグレーかかっているような時は、オイルスティン仕上げはムリです。
このような時はO.P(オイルペンキ)ではなくて、ウレタン系の塗料のほうがもちがよいでしょう。
又、軒天などは木にみえて表面は紙の合板が多いのでパリパリになっているとケレンをしなければいけません。
基本的には和ニスをオイルスティンと混ぜて塗るようにする。
>メニューへ

Q3雨戸のハケ目が気になるのですが?
A
よくみうけます。上手ならいいのですがそうでなければ以外と気になりますね。
当社は自動車塗装用のラッカーガンで吹きつけます。
又、裏面も掃除してくれたほうがいいですね。
>メニューへ

Q4水洗いはしたほうがいいのですか?
A
雨漏りをしている所以外は、基本的にしたほうがいいです。
青カビはおちませんがコケは落ちます。
くもの巣やホコリを落としてからのほうが当然塗料のつきもいいです。
当社は当然行います。
>メニューへ

Q6最近フッ素とかシリコンとか聞きますが?
A
確かに普通の塗料よりツヤのもち、防水性がすぐれています。
普通の塗料で7〜8年が10年ぐらいということです。(あるメーカー資料)
又、確かにフッ素は表面についた雨だれ、ホコリが落ちやすいですが表面がザラザラしている所は難しいですね。
もちは、下塗り(プライマー)に弾性シーラーを使うのが良いでしょう。
>メニューへ

Q7壁のヒビ割れが目立たないようにできますか?
A
コーキングをぶ厚く入れていると難しいですが、普通の壁(カキ落とし)ならボンタイル、スタッコを吹くとわかりにくくなります。
又、プライマーをセメントフィーラーを塗っていただくとかなり消せます。
又、外塀でブロックのラインがはっきりでてきているときは、リップルとか特殊な模様をつけることもできます。
>メニューへ

Q8外塀が良くふくらんで浮いてくるのですが?
A
これは裏面からかなり水が押している場合が多いです。
又、木の根がブロックをわっているケースもあります。
これは塗装より裏面をモルタルで止めることです。
木でそれができない場合、まれに F.R.P 防水を外塀にすることがあります。
>メニューへ

Q9セラミックはいいのですか?
A
7〜8年前よく流行しましたね。
日本語でいうと(陶磁器風)ということです。
つまりヒビ割れしやすく、又、プライマーをしっかり塗らないと浮きやすいです。
たまに半永久という業者がありますが、それは何が半永久かわかりません。
>メニューへ

Q10家の外壁塗装は10年が目安といいますが?
A
一般的にはそうですね。ただ気候や雨風のあたりかたなどで違います。
又は壁質によって工場で焼きつけているパネルやサイディングなら12〜15年くらい持ちますし、木部は7年位ですね。
それ以上置いていると下地処理にお金がかかります。
(黒カビを増やさないほうがいいです。)
>メニューへ

Q11業者によって価格がかなり違うのはどうしてですか?
A
塗り方、塗料の種類で当然違います。
又、ベテランの職人ばかりだとまた少し高くなります。
しかし当社で170uぐらいで、木部・足場・養生すべていれて60万位です。
有名大手さんが特別に原価がかかることはないと思いますよ。
>メニューへ

Q12最近はアルミ窓枠も塗れると聞いのですが?
A
確かにアルミニウムペイントはあります。
一番細かいペーパーで表面をあててから塗ったほうがよいでしょう。
どちらにしても、あまりもちはよくありません。
>メニューへ

Q13トタン屋根は3年もたないのですか?
A
O.Pでは2年、ニューウレタンでも3年。
油性屋根専用塗料でも、5年が限度と思います。
防水メーカーが出している塗料防水なら、5〜7年ぐらいもつと思います。
>メニューへ

Q14室内塗装はどんなペンキがいいのですか?
A
普通エマルジョン系塗料を使います。
きれいに仕上がりますが汚れがつきやすいし、風呂には塗らないように。
すぐにカビが来ます。風呂には風呂用があります。(エポキシ系)
又、最近は和室のじゅ楽カベ用塗料(合成樹脂エマルジョン系)等もあります。

後変わった塗料として、皮革用塗料・抗菌塗料・瓦用塗料・テント用塗料・打ちっぱなし塗料・和室白木保護塗料など、いろいろあります。

最後に塗装は、基本的下塗り(プライマー)、中塗り(サーフェーサー)、仕上げ塗(トップコート)があります。
>メニューへ