ホーム   相続サイトマップ                                       

   祭祀財産の承継                                               神戸の行政書士 すがぬま法務事務所
 


 祭祀財産の承継

  
系譜、祭具及び墳墓などの所有権は、祖先の祭祀を
 主宰すべき者が承継し、相続の対象にはならないとさ
 れています(民法897条)。
 
    

    
祭祀財産とは
   
     
系譜とは、家系を書いた系図やこれに類するものをいいます。
       祭具とは、仏像、位牌その他礼拝又は祭祀の用に供するために必要な用具で、仏壇、神棚および
      これに付属した用具一切が含まれます。しかし、仏間のように、建物の一部になつているものは含まな
      いとされています。
       墳墓とは、遺体や遺骨を葬ってある墓碑、埋棺、霊屋などの設備のことです。

    祭祀承継者は誰がなるのか

       祭祀承継者は次の方法により決められます。
      @ 被相続人の指定がある場合には、その指定された者が祭祀を承継します。この指定は、遺言
        することができますが、生前に口頭で指定してもかまいません。
      A 被相続人の指定がない場合は、慣習に従って承継者が決まります。
      B 被相続人の指定もなく、慣習も明らかでない場合は、家庭裁判所の調停・審判で決められます。
      ※ なお、被相続人の指定がない場合に、相続人間の合意で祭祀の承継者を決めることも可能。

    祭祀承継者の相続分など
 
     
前述のように、祭祀財産は相続財産とは別個の財産であることから、次のような問題が指摘できます。
      ○ 祭祀財産の承継については、相続税の対象から除外され課税されません。
      ○ 遺産分割に際して、祭祀を承継することを理由に、遺産を多く取得することを求める当事者がいま
        すが、これは認められません。
      ○ 祭祀承継者が今後祭祀を営むかどうかは、その者の自由であって義務ではありません。また、承継
        した祭祀財産を処分することも自由です。
        




    
このページの先頭に戻る

                                               ご相談はこちらへ


  

ホームへ戻る  目次へ戻る