小林 加代子 profile


全日本学生音楽コンクール名古屋大会第2位に入賞。 名古屋市立菊里高校音楽科を経て、95年愛知県立芸術大学卒業。愛知県知事賞(桑原賞)受賞。 中部読売新人演奏会出演。同年ドイツ国立ハンブルク音楽大学大学院入学。 96年北ドイツ放送交響楽団のプラクティカントとして契約。 97年同オーケストラの日本公演に参加。 98年DAADより奨学金を受け、ドイツ国家演奏家資格(Konzertexamen)取得 (ソロ・室内楽部門において最優秀)同大学院修了。 若林正伸、森下陽子、景山誠治、服部芳子、Andreas Röhnの各氏に師事。
北ドイツ放送交響楽団で活動し、ハンブルク交響楽団とブルッフ・ヴァイオリン協奏曲を共演。 99年名古屋伏見ザ・コンサートホールにて帰国リサイタルを行う。 アンサンブル・ソノリタスの公演に客演。 03年2月「名古屋市地域文化振興事業・芸術公演」のデュオ・リサイタルに出演。 その他、様々なコンサート、オーケストラに客演。 03年より名古屋、春日井、東京、栃木にて「KAYOKOプロデュースシリーズ」の リサイタルを年に2~3回開催。 08年小林加代子デビュー10年記念演奏会を行う(KAYOKOプロデュースシリーズvol.15)。 10年、11年「小林加代子・由明 姉と弟が創るヴァイオリンとバレエのコラボレーション」の公演を行う。 (愛知県芸術劇場小ホール)(名古屋市芸術創造センター) 12年山崎能子と「Duo Coccinella」を結成。 12年KAYOKOプロデュースシリーズvol.18「Duo Coccinella Recital」を行う。 13年「Duo Coccinella 東日本大震災チャリティーコンサート」を公演。 14年6月Duo Coccinellaプロデュースシリーズvol.20を公演。 15年11月Duo Coccinellaプロデュースシリーズvol.21を公演。 17年6月KAYOKOプロデュースシリーズvol.22を公演。 18年6月KAYOKOプロデュースシリーズvol.23を公演。  19年7月KAYOKOプロデュースシリーズvol.24を公演予定。
現在、名古屋地域を中心に演奏活動し、春日井・名古屋にて KAYOKOヴァイオリン教室を主宰。



KAYOKO KOBAYASHI