わらべうたの会 ”まほろば”



遠い昔に名もない人が遊びだし、
それが口伝えに伝わった「わらべうた遊び」

親子のスキンシップ、丈夫な身体作りを促します。

まずは体験!

お子さんと気持ちをやり取りする楽しさを感じることができますよ



会の様子はこちらから  
http://space-ho.seesaa.net/category/26392489-1.html





 
<対象年令>

プレママ・0歳〜未就学児
<開催日時>

毎月第4火曜日 10:20〜11:00
<参加費>

月額1000円
<開催場所>

文京区シビックセンター
(東京都文京区春日1-16-21)

・東京メトロ有楽町線・南北線 後楽園駅 徒歩1分
・都営地下鉄三田線・大江戸線 春日駅徒歩1分
・JR中央総武線 水道橋駅徒歩9分
<体験>

随時受付
体験料 1回 1000円
<お問い合わせ・体験申し込み>

TEL 090−2147−4857 (ごうこん)

E-mail cku90770@tree.odn.ne.jp
 

他の場所でのわらべうたの会を知りたい方はこちらからどうぞ リトルママのサイトから他の会の様子を見る 
 
”まはろば”は登録会員制です。  それは・・・・・

子どもは、同じ時間に、同じ空間で、同じお友達と一緒に、繰り返し過ごすことで落ち着いた豊かな内面が育っていきます。そのことを大切にし、登録会員制としています。
<”まほろば”の紹介>

NPO法人 自然育児友の会の会員を中心に、昔ながらの子育てを楽しみたい、という乳幼児のお母さんたちが2001年に「新宿わらべうたの会」を立ち上げました。

2006年度より池袋を会場に移したのを機に、名前を「わらべうたの会”まほろば”」と変え活動を始めました。

2013年度より、交通の便が良い文京区の文京シビックセンター内に会場を移して行うようになりました。

子どもの成長に合わせて、また季節を感じられるように構成されています。

小さな子どもとの毎日の暮らしにわらべうたが自然に溶け込んで、子どもといっしょにわらべ歌を口ずさむ、その喜びを大切にして、楽しんで続けています。
<親子関係を深めるわらべうた遊び>

遠い昔に名もない人が遊びだし、それが口伝えに伝わってきた遊びです。

「かごめかごめ」「はないちもんめ」「ゆうびんやさんのおとしもの」「おてらのおしょうさん」など馴染みがある遊びもわらべうた遊びです。

わらべうた遊びには、子どもの体を丈夫にしたり育児をスムーズにするための知恵が織り込まれていたり、スキンシップで親子や子ども同士の関わりを深めることができる遊びがあります。

今、子どもを取り巻く環境の中で様々な問題や事件が起きています。

それは「人や社会とうまく関わることができない」「健康な身体作りができていない」ということが原因とされています。

これらを育てるためには、乳幼児期の大人との関わりや身体全体を動かして体感することがとても大切です。

わらべうた遊びは、テレビもインターネットもない時代。人と人との関わりだけで生活していた時代の遊びです。

すべてをその生活に戻そうというのではなく、情報過多な現代を生きている私たちが見失ってしまい、生き辛さを感じてしまう子どもたちを育ててしまわぬよう昔の人の知恵をお借りして子育てをしていこう、とわらべうた遊びを続けています。

また、唄と遊びの動作が一体になっているので、言葉の発達の遅い子供たちにも有効だと脳科学の分野でも注目されています。












こちらは
 母と子のためのスペース「穂」 
のリンクページです