お気に入りの一枚




数ある手持ちデジカメ画像の中で、一番のお気に入りの一枚を紹介させてください。
魚が写っているわけではなく、SF作家の平谷さん(左)と岩手の渓で
おむすび片手にのんびり食事している、何の変哲もないフツーの写真なのですが、
ふたりの表情がのほほ〜んとしていて、バックの新緑の陰影が綺麗で、苔むした倒木がいい雰囲気で。
妙に気に入っているんです、この写真。
足下を流れるジンクリアの川面が写っていたら、もう120点ってとこかな。
この後、平谷さんが淹れてくださった美味しいエスプレッソコーヒーが、
更にこの写真を私の中で思い出深いものにしてくれているのだと思います。