Fly Reel Archives


他人の使っているリールなんて興味ないですよね、私もありません。(爆)
いま保有しているリールをまとめてみました。常用しているリール、使われなくなったリール、高いリール、安いリール、クセのあるリール・・・、それぞれ時代を彩る想い出のある道具達です。

Orvis
CFO-4
FFを始めた時に買ったのがこのCFO4。
質感、ラチェット音、軽さ、精緻さ、どれを取っても満足度の高いリール。
本体2個と替えスプール2個で4本のラインに対応中。
Orvis
CFO-3
#4ロッドに合わせて使用。
CFOシリーズの血統による嫌味のないお気に入りのリール。
替えスプールによりシンキングにも対応。
Orvis
Battenkill 5/6D
フローターでの釣りに常用していたリール。フローティング、シンクティップ、タイプ2、タイプ3で広範囲に使用しています。
替えスプールの装着し難さがちょっと難点。
Orvis
Battenkill L.A. 5/6
立ち込みでも、ボートでもラージアーバー・リールによるシューティングヘッドでの釣りに移行しています。
替えスプールにより、4つのステージに対応中。
Daiwa
Lochmor-X200
フルラインのタイプ5を巻いているため、安っぽいリール音、作りの悪さながら、使用回数は却って増える傾向にあります。少し前まではタイプ5や6なんて絶対使わなかったのにね。
INAGAKI
FLY TROUT 1
精度の高い「つくり」です。質感も合格点。
コストパフォーマンスにも優れた納得の国産リール。開発に苦労しただけの事はあります!
買って損はしません。
Ross
Cimarron C-1
リールなんてラインが巻ければ何でも良いさ、と無頓着だったのですが、さすがにこのリールのけたたましいラチェット音には閉口。
現在ではリザーバーに甘んじている。
Kiraku
Lt.Magician 3/4
製品名からして怪しげなリール。
安いリールで結構!の時代を端的に反映した安さ爆発、鋳造の逸品。(^_^;
十分使用に堪えてしまうから心中複雑。
Caps
Skelton Reel
スケルトンものが流行った時代がありました。オソロで透明のロッドも売られていました。このリールは使おうとは思っていません、あくまでもインテリアとして棚に飾っています。
Bill Ballan
Trout Classic
バブリーな時代に Trout Midge と一緒に買いました。セールだったとは言え、なんでそんなお金が有ったのか?良い時代だったんでしょうね(遠い眼差し)。竹用の重いリールです。
Bill Ballan
Trout Midge
この小さく可愛いビルバランは現役で働いています。#3のフローティングラインを巻き、パックロッドCLXとの相性もよろしく常にクルマのラゲッジに積んでいます。サイズの割に重い。竹用ですね。
Daiwa
Lochmor L.A. Spey 9/10
サケ釣りのために購入した大型ラージアーバー・リール。さすがに重い。海の魚の突進は止められないでしょうが、遡上中のサケならギリギリやり取り可能と思われますが・・・。