荒川ニジマスC&R 2005/01/25


時  間:
10:30-14:15
気  温:
未計測
水  温:
未計測
水  況:
クリア
天  気:
晴れ・強風
タックル:
Rod/G・Loomis GLX 9'0" #4
Reel/Fly Trout-1
Line/S.Angler Ultra3 WF4F
Leader/VARIVAS Air Tapered Leader 4x 9ft
Tippet/VARIVAS 5x 6x 7x 8x
フ ラ イ:
ニコタマ、パートリッジ&メルティ、ゾンカー
胃内容物:
未採取
記  録:
12匹


年が明けてから雪が降ったり寒かったりで、ノーマルタイヤの私のクルマでは秩父を越えるのがちょっと心配だったため足が遠のいていました。

暖かくなった時間帯にゆっくりと現着すると、4名ほどのFFMがまったりとキャストを繰り返しています。
しかもどなたも釣れていない・・・。アワセさえ入れていない・・・。心配になって水面を覗くと、あれれ?大量の魚が泳いでいるぞ!?
『そうか、もうスレきっていて誰のフライにも反応しないんだな』と苦戦を覚悟しつつ、先行者の邪魔にならないギリギリのポイントに入れさせて貰いスタートすると、 あれま!?あっさり釣れちゃった・・・。その後も入れ食いとは行きませんがコンスタントに釣れ、昨年のC&R区間解禁から一番イージーな日となりました。

サイズも小振りなものから、40センチ程度のものまでバラエティーに富んだ放流がされておりなかなか楽しむことができます。



分流において昼までにツ抜けしたため、この日のために持ち込んだ本流用システムでいざ本流へ!しかし本流は難しい・・・。
ほとんどやったことのない重く早い流れにラインをコントロール出来ぬうえ、強風でライントラブルも多発しとてもストレスが掛かります。バンクには何匹も付いて居るのが見えるんですがねぇ。しかもたまにフライを追っているんですがヒットに繋げる事はとうとう出来ませんでした。悔しいので引き揚げ際の分流で更に1匹を追加して納竿としました。(苦笑)