荒川ニジマスC&R 2005/02/15


時  間:
9:15 - 14:00
気  温:
未計測
水  温:
4℃
水  況:
クリア
天  気:
晴れ
タックル:
Rod/G・Loomis GLX 9'0" #4
Reel/Fly Trout-1
Line/S.Angler Ultra3 WF4F
Leader/VARIVAS Air Tapered Leader 4x 9ft
Tippet/VARIVAS 5x 6x 7x 8x
フ ラ イ:
ゾンカー、パートリッジ&メルティ、ミッジピューパ
胃内容物:
未採取
記  録:
11匹


まもなく終了の荒川ニジマスC&R。
今回はまだ釣果が出ていない本流を攻略しようと出撃しました。

今まではさんざん分流で遊び、反応が悪くなった時間帯に本流へ向かっていましたが、よく考えれば分流が渋くなる時間帯は本流でも渋くなるワケで、ただでさえ難しい本流で釣れる可能性を自から低くしていたようです。

それでは、と朝から本流に挑戦しましたが、またしても玉砕。(苦笑)

盛んにフライを追うのでやる気はあるようなのですが、最後までクチを使うには至りませんでした。
この辺が経験の浅さなのでしょうね。

早々に本流を諦めて分流へ。
しかしここに来て昨年末に放流した魚たちは相当スレてきています。
横着して本流でのシステムそのままで1匹釣りましたが、あとが続きません。
何を流しても反応が悪い、というより反応しません。
魚はまだまだ沢山残っているというのに無視され、実に癪にさわります。(^_^;

この日、なんとか釣れたメソッドはラビットゾンカーの「小刻みチマチマゆっくりストップ&ゴー」のリトリーブでした。
水中を見ているとハヤやオイカワがニジマスに追われているので、小魚系フライにはかろうじて反応するのかもしれません。

ルースニングも試しましたが、過去通用していたパターンにはほとんど反応せず、唯一人気があったのが黒系ミッジピューパ(#22)でした。

昼頃からはライズも起きましたが、これもとれず仕舞い。(泣)

2月もあとわずか、月末にもう1回来られるかな?
でも次に来る時は今日よりもっとスレているんだろうな〜。(>_<)