荒川C&R特別釣区 2005/03/08


時  間:
7:20 - 14:00
気  温:
0℃(朝一)
水  温:
5℃(朝一)
水  況:
クリア
天  気:
晴れ
タックル:
Rod/G・Loomis GLX 9'0" #4
Reel/Fly Trout-1
Line/S.Angler Ultra3 WF4F
Leader/VARIVAS Air Tapered Leader 4x 9ft
Tippet/VARIVAS 5x 6x 7x 8x
フ ラ イ:
ミッジピューパ、CDCミッジ、ゾンカー、ニコタマ
胃内容物:
ユスリカ・ピューパ(褐色)#23 およびシャック
記  録:
ヤマメ6匹、ニジマス7匹


少し出遅れましたが今日が解禁初釣行となります。
渓流音痴の私が今年は無謀にも「荒川」でヤマメに挑戦です。f^_^;

先月まで「ニジマスC&R区間」とされ、冬のあいだニジマスと遊んできた流域が3月から「荒川C&R特別釣区」としてリニューアルスタートしています。

「ニジマス」の時に実績のあったポイントに入りスタートをしましたが、渋い状況のなか、どうにかヒット出来たのはニジマスばかり。
残っていたニジマスはそのまんま残留させてヤマメを「追加」という形で放流したようです。

ポイント移動中に漁協の方に「どうですか?」と尋ねられ「ニジマスしか釣れないんです」と言うと「各所に行き渡るように放流はしたのですが・・・、この崖下のポイントは溜まっているかもしれませんよ」との有り難いお言葉。

ダメ元で川原に降りると、居る居る!ヤマメさん達がうろついています。(^_^)

これは楽勝とばかりにすぐさまルースニングで数匹をヒット。
あまりお呼びでないニジマスもたまに混じってしまいますが、最初のポイントとは雲泥の差。漁協の方に感謝感謝です!

暖かくなってくると盛んにライズが始まり、ヤマメもニジもオイカワ(^_^;も我を忘れて流下物を食べ続けます。

小さな流れが岩盤にぶつかるポイントで盛んにライズするヤマメを数匹ドライでヒットさせ、渓流に苦手意識の強い私は上機嫌!


▲CDCミッジに出た今季初ヤマメ。


▲ヤマメのストマックからは褐色のピューパとシャックが。

その後もしばらくドライでの釣りを堪能することが出来て、解禁釣行は大満足の内容となりました。

この釣り場、当初より様子を見るため&話のタネに一度だけは来る予定でいましたが、こんなに楽しいと追加放流後にまた訪れてしまいそうです。


※途中でふらりとやって来たおぢさんがいきなりエサの竿を出して釣り始めたので「ここはルアー・フライのみ、しかもC&Rオンリーです。エサ釣りは違反ですよ!」と注意してあげました。
このC&R特別区間のルールはまだ一般の釣り人に浸透していないようです。違反している人を見かけたらそっと注意して上げましょう。