Fishing Field 川越 2005/06/29


時  間:
9:00-11:00
気  温:
未計測
水  温:
未計測
水  況:
極度の濁り
天  気:
雨のち曇り
タックル:
Rod/L.L.Bean #6 8' 00" (4pc)
Reel/Orvis Battenkill- 5/6D
Line/Airfro WF6F 
Leader/VARIVAS Perfection Tapered Leader 4x 9ft
Tippet/VARIVAS 5x
フ ラ イ:
フローティングニンフ(マラブー)、エッグ
胃内容物:
未採取
記  録:
ぼうず


鴻巣での用事の合間に2時間だけフィッシングフィールド・川越へ寄ってみました。

ここ数日の真夏のような気候、しかも水深の浅い釣り場、という事で苦戦を強いられることは予測できていましたが、まさかのアタリも無い完璧な敗退を喫してしまうとは・・・。

入場すると散水水車の片側が空いていたので、手堅く釣果を得ようとポジションを確保。
いくら高水温とは云え水車による水流の中にフライを通せば、赤子の手を捻るが如く釣果を得られるだろうと確信していました、が、全く反応無し・・・。

廻りの釣り人(ルアーマン)達も全員苦戦の様子です。
そもそもアワセを入れている姿が見られません。ましてや釣り上げているシーンなど終ぞ見られませんでした。(延べ10名のお客さん全員玉砕)

2時間のうちライズなど一度も見られず、魚の姿が見られたのは水中に設置された送水パイプの送水口に、5〜6匹のレインボウが頭を突っ込んでいたシーンのみ。

ということで完全無欠のボウズを喰らってしまいました!!

ライズも無いという点では王禅寺の2ndポンドより悪い状況です。
透明度も30センチほどフライを沈めると見えなくなってしまうほどの超マッディー。お出かけになる時はくれぐれも覚悟を決めてどうぞ!