入間川 2005/10/07


時  間:
6:00 - 8:00
気  温:
未計測
水  温:
未計測
水  況:
水量やや多し、クリア
天  気:
晴れ
タックル:
Rod/ Free Stone CLX(6pc) 7'6" #3
Reel/Bill Ballan Trout Midge
Line/S.Angler Ultra3 DT3F 
Leader/VARIVAS Air Tapered Leader 4x 9ft
Tippet/VARIVAS 5x 6x 7x 8x
フ ラ イ:
CDCミッジ、パラシュートミッジ、ミッジピューパ
胃内容物:
未採取
記  録:
オイカワ20匹


熱帯魚好きのウチの奥様が最近淡水魚も飼い始めています。
いつも行く熱帯魚屋さんではなんとオイカワやモロコまでが一丁前のお値段で売られており、
「一匹200円もするなら私が釣って来てあげよう」と、オイカワ捕獲無料大作戦に乗り出すことになりました。

毎年11月に友人達とオイカワオフを開催している入間川の分流を覗いてみます。しかしなぜかオイカワの魚影は見られず、スプーキーなニゴイの逃げて行く姿が見えるのみ。

本流へ移りライズを求めて歩いて行くと、流れの緩いエリアに若干のライズリングが広がっているため、水面に顔を出しているブロックに立ち実釣開始。

最初のひと流し目からフライを食いきれないアタックが出るため、再度同じフラットな水面を流すと パシャ!っと小さな水飛沫をあげCDCミッジにヒット。

プルプルとした小さな脈動が#3ロッドに伝わり、ちょっと良いサイズのオスのオイカワがティペットの先にくっ付いてきました。(^_^)v

同じようにして一匹また一匹と生体小魚搬送装置「オイカワくん1号」(水を入れた単なるペットボトル (^_^; )にキープして行きます。


お持ち帰り分ノルマを達成したため、後は自分が楽しむための釣りを開始。

過去、オイカワはドライでの釣りしか頭に無かったのですが、ルースニングだとどうなるか?ミッジピューパを結んでテストしてみました。

結果、これがとっても良く釣れるのです。

ドラグフリーで流すより、オイカワの居そうな辺りでUの字を描くように途中からリトリーブを開始すると、コン!プルプル!とアタリが出てかなり効率よく釣ることが出来ました。(極小インジケーターは目視できず、タナをキープするだけの役目)

渓流もほぼ禁漁になってしまったこれからの季節、たまにはゆっくりオイカワと遊ぶのも一興かと。


▲自宅水槽で悠々と泳ぐオイカワ君たち。ウチの奥様もご満悦。(^_^;