河口湖 2005/09/09


時  間:
5:00-11:00
気  温:
21℃
水  温:
湖24℃、流入河川18℃
水  況:
若干濁り、水量多め
天  気:
曇り
タックル:
Rod/G・Loomis GLX 9'0" #4
Reel/Fly Trout-1(INAGAKI)
Line/Cortland 7ST type-3
Leader/VARIVAS Perfection Tapered Leader 6x 9ft
Tippet/VARIVAS 7x 8x
フ ラ イ:
ディアヘアカディス(黒)、ミッジアダルト。パラシュートなど
胃内容物:
未採取
記  録:
ハス10匹、虹1匹、ギル3匹、バス2匹、オイカワ数匹


ネット釣友のカッパさんから「河口湖でハスが増えている」と教えていただき、さっそく行ってみました。
ハスという魚、名前は知っていてもまだ釣ったことがない魚だったため久しぶりにワクワクの釣行です。

私より行動が早い釣友のHenryさんは既に先週訪れ、ハスはもとよりレインボウの釣果まであげており、こちらも今回の狙いのひとつとなっていました。

現地に着くとインレット周りには誰も居らず、さっそく立ち込みますが#4では届かない距離で派手なライズが多発し、ロッドの選択を間違えたことを後悔。(でもこのライズはコイの跳ねだったのではなかろうか?)

フローティングラインにニンフを結んで引っ張ると、久方ぶりのギルがロッドを曲げてくれます。
また、同じメソッドで引いていると小型のバスが、ギルとは違う小気味良い引きを味あわせてくれました。


▲私の釣り対象魚から外して久しいバスくん。おヒサ!

シャローにおけるレインボウの反応が無いようなので、ハスの様子を伺うため一旦上陸します。

先日通過した大型台風が川の魚を湖へ押し流してしまったのではないかと心配されましたが、川には濁りもなく水量も程良く有り、ハスも所々に数匹ずつかたまっている事が確認出来ました。

フライに関しては選り好みはしないようで、小さめのフライをドラグフリーで流してあげればス〜っと寄ってきてパクッ!と銜えてくれるイイ子です。


▲初対面のハスです。こんな顔の人って居ますよね。(^_^;

簡単に釣れるハスはいかにも私向きで喜ばしいのですが、あまりにもイージーに出てしまうのでさすがに飽きます。f^_^;

川の中を見るとレインボウが何匹か定位しているのが見受けられるため、ミッジフライを流してみますが、全くの無反応か忍野のヤマメのように1度は見に来るけれど2度と興味を示さないようなスレッカラシ鱒です。

最下流でどうにかやる気のありそうなヤツを見つけ流し込みますが・・・その辺りはオイカワの群れがいるようでレインボウの口元まで届ける前にオイカワが釣れてしまいます。(苦笑)

どうにかオイカワの集中砲火をかいくぐり、且つ興味を示してくれた黒カディスに待望の夏虹が掛かってくれました。


▲サイトフィッシングで釣った黄色い背中の小粒レインボウ。

今日は久しぶりにいろんな魚種に逢うことが出来てとても楽しい思いをさせて貰いました。
情報をくださったカッパさん、Henryさんに感謝、感謝。m(^_^)m