Fish On! 王禅寺 2005/06/24


時  間:
5:50 - 11:50
気  温:
たぶん30℃超
水  温:
24℃
水  況:
濁り強し
天  気:
晴れ
タックル:
Rod/Maryyat Precision 9'0" #9
Reel/Lochmor L.A. Spey 9/
Line/S.Angler Uniform Sink ST10 type4       
Leader/Airflo Polyleader Ex.Fast Sinking 5ft
Tippet/VARIVAS 3x
フ ラ イ:
フローティングニンフ(マラブー)、エッグ
胃内容物:
未採取
記  録:
ナマズ1匹、イワナ1匹、ニジマス数十匹


王禅寺が今年もシーバスを放流しているので行ってみました。
あわよくば一年ぶりにナマちゃんの顔を拝めれば・・・、という邪心もこっそり秘めて。(^_^;

シーバスが放流されているのは今までのフライ池(2ndポンド)のみ。その中でもフライエリアは隅に追いやられる形で設定されています。

さっそく釣り始めますが、アタリが全く出ません・・・。
たまに足下を泳いでいるシーバスが見られますがボロボロのフランケンシュタインのような魚体になっています。
たまに小さなライズも見られますがこれらは小型のニジマスのもよう。

開始から1時間、完璧に無視されたため2ndポンドに見切りを付けて1stポンドへ移動。

さすがにこちらはちゃんと反応を示してくれ、引っ張り、ルースニングともポツポツとニジマスが釣れます。

ボトムまで沈め、ジワジワとリトリーブを始めると「グワン!」と野太いトルクでフライを引ったくって行くパワフル魚がヒット!
どでかいイトウか?巨大レインボウか?
あのロッドのシナリは何だろう?と周囲の視線を集めつつも、寄ってきたのはな〜んとアメリカン・チャネル・キャットフィッシュ君でした。

この1stポンドにナマズは居ないと思い込んでいましたが、居たんですねぇ。


▲サイズは60センチを切った小型ナマズ。まさかまた会えるとは・・・。

もう一度。今度はメーター級を!と狙ってみましたが、その願いは叶わず。勢い良いヒットでヌカ喜びさせてくれたのは50数センチのイワナ(アメマス)でした。


▲このサイズになるとレイクトラウトみたいな容貌です。

この日、1stポンドのルアーのお客さんはほとんど釣れておらず、フライの人だけが釣れ続けていました。
そして2ndポンドのシーバスは見ている限りでは誰も釣り上げていなかったようです。(数人しか釣っていませんでしたが)

2ndポンドのシーバスは次回の放流が無いとちょっと厳しそうですね。

因みに1stポンド、4thポンドは水温上昇のため7月から閉鎖だそうです。
釣行を予定されている方はご注意を。