Y川 2005/09/17


時  間:
5:30 - 7:30
気  温:
未計測
水  温:
未計測
水  況:
平水
天  気:
晴れ
タックル:
Rod/G・Loomis GLX 9'0" #9
Reel/Lochmor L.A. Spey 9/10
Line/S.Angler Ultra4 ST10 F  
Leader/VARIVAS 2x 9ft
Tippet/VARIVAS 3x 4x
フ ラ イ:
エビせんフライ
胃内容物:
未採取
記  録:
コイ1匹


えびせんフライのフックポイント隠蔽バージョンを巻いたので、Y川へテストに行ってきました。

早朝からえびせんチャムへの反応はまずまず有るため、さっそく新フライを結んで流すと盛んにアタックしてきます。

しかし、口に入れているのにフッキングが甘いらしくファイトし始めてスグのバラシが数匹。
やはり口に入れているのにすっぽ抜けも多発・・・。

フックポイントをフレアさせたディアヘアで隠し過ぎたのが敗因のようです。
因みに古いタイプのえびせんフライを流してみると1投目で完璧なフッキングをすることが出来、フライのまずさが証明された訳です。


▲60センチ近いコイの口にスパッ!と刺さった従来タイプ・エビセンフライ

太陽が上がり気温が上昇し始めると、今まで鷹揚に出てきていたフライへの反応が急にシビアになってしまい、私の手には負えなくなってしまったのでとっとと納竿です。

今回はせっかく巻いたフライが失敗作とは・・・。近いうちに再度調整して持ち込んでみようっと。