河口湖 2007/04/11


時  間:
05:30 - 13:00
気  温:
未計測
水  温:
未計測
水  況:
減水
天  気:
曇り
タックル:
Rod/ G・Loomis GLX #7 9'0"
Reel/ Orvis CFO-4
Line/ Cortland WF7S type3
Leader/VARIVAS Perfection Tapered Leader 3x 9ft
Tippet/VARIVAS 4x
フ ラ イ:
メルティ&パートリッジ
胃内容物:
記  録:
バス1匹


毎年春にはニジマスを釣るため河口湖を訪れていますが、今年は2週間ほど釣行が遅れました。おかげで時期はすっかりバス釣りの陽気になっていました。

案の定、寺川の流れ込みではまだ薄暗い朝一の1投目から重いアタリのバスが釣れてしまいました。

その後、過去の実績が高い湧水ポイントを重点的にフロートチューブで探ってみましたが、アタリひとつ出ませんでした。

8時には長浜方面に移動。
こちらは大ユスリカの大量ハッチに伴うライズも散見されましたが、バスボートが無駄な空ぶかしで跳び回るためそれもほどなく消滅。

そんな中、シャープなアタリでヒットした魚が1匹。
近くまで寄せておきながらバレてしまいましたが、反転した時の白っぽい腹はレインボウだった、と思いたい・・・。f^_^;

その後はアタリが1回出たのみで、浅川へ移動。
しかし、こちらは魚っけが全く無く早々にギブアップ。

放流量の減少、暖冬による季節の前倒し進行、釣行の遅れ、などが敗退の原因でしょう。


成果の無い釣行でしたが、唯一の成果はVOLVOから乗り換えたワゴンRにダブルポンツーンのフロートチューブが載るとわかった事でした。(笑)


▲さすがにポンツーンは1つ外しますが、年に1度しか積まないので充分です。