多摩川 2007/03/27


時  間:
06:30 - 11:00
気  温:
未計測
水  温:
未計測(手を入れると生温かい)
水  況:
クリア
天  気:
曇り
タックル:
Rod/ SAGE RPL #6 4pc.9'0"
Reel/ Orvis Battenkill 5/6D
Line/ Airfro WF6F
Leader/VARIVAS Perfection Tapered Leader 3x 9ft
Tippet/VARIVAS 4x
フ ラ イ:
にこたまフライ、クレイジー・チャーリーもどき(赤)
胃内容物:
記  録:
マルタウグイ15〜16匹


今年も多摩川にマルタが遡上する季節になりました。

実は先週も出掛けたのですが、ほとんど魚影は見られず見事に読み違いとなったためレポートも上げませんでした。f^_^;
しかし今回は2日前に降った雨の影響で、一気の遡上が予想されたため確信を持って一番電車に乗り込みました。

現地に入るとやはり瀬つきしており、バシャバシャ水しぶきを上げているのが確認出来、まずはひと安心。

▲スイッチが入ってしまうと、もうフライは目に入らないようです。

一年ぶりのためやりとりの加減を忘れており、最初にヒットした2匹はいずれもバラしてしまいました。
その後はフライのパターン、カラーをローテーションしながら、10数匹の口にフライを銜えさせる事に成功。


▲40センチ〜60センチと個体差は大きく、中には婚姻色の出てない個体も。

しかし、時間経過とともにフライが無視されるようになり、またリストのブレーキも利かなくなってきたため、数キロ上流に入った釣友のHenryさんと合流するため移動することに。

下流とは桁違いな数のマルタが入っていましたが、入射光量が影響したのか、口を使わずスレが連発するため体力・気力とも萎えてしまい納竿としました。