液状化現象対策情報ソフト・ 2011年6月版

ekijyoka

液状化現象に関する情報が満載!
液状化対策の重要事項説明の必須情報!

 

 <本ソフトの収録内容> (総容量は172メガで膨大な情報量です!¥2,000円 外税)

 5,000円以上のお申し込みの場合は、送料は不要です。

 

1 千葉県環境研究センター千葉県全域写真レポート2011.4.15発表
  1)3.11地震液状化第1報
  2)3.11地震液状化第2報@概要
  3)3.11地震液状化第2報A千葉市〜浦安市
  4)3.11地震液状化第2報B野田市ほか
  5)3.11地震液状化第2報C成田市ほか
  6)3.11地震液状化第2報D−1香取ほか
  7)3.11地震液状化第2報D−2香取ほか
  8)3.11地震液状化第2報E旭市
千葉市内の液状化現象の現地実写レポート写真2011.5.2撮影
  1)千葉市液状化現地実写レポート写真2011.5.2撮影
  2)千葉県の被害状況
  3)被害記録2011.5.16千葉県公表
千葉市内の液状化現象の現地実写レポート写真2011.5.14撮影
   2011.5.14撮影写真の記録
千葉市の液状化現象被害地図
  1)千葉市液状化地図・稲毛・検見川の液状化現象
  2)千葉市液状化地図・幕張の液状化現象
  3)千葉市液状化危険度予測マップ・直下型地震
  4)千葉市液状化危険度予測マップ・東京湾北部地震
  5)液状化の予測と実際の被害のずれ
液状化対策工法(標準価格等)
  1)千葉市の液状化地域住民説明会の配布資料
  2)空気注入式の液状化対策2011.4月国土技研
  3)空地注入式の液状化対策工法パンフレット
  4)空地注入式の液状化対策工法を開発・国交省・国土技研レポート全文
液状現象の調査方法
 

1)液状化現象の調査のしかた

  1. 液状化指数とは
  2. 液状化現象の事象の事例
  3. 液状化しやすい土地の見分け方
  4. 「軟弱地盤」と「液状化の可能性地盤」の違い
  5. 液状化現象の説明のしかた
  6. 液状化対策の工法のいろいろ
  2)「液状化しやすい地域」と「液状化ゾーニングマニュアル」H11.4月国土庁
  3)液状化現象の事例集
液状化現象の重要事項説明書・記載例
  1)特記事項記載例
その他関連資料
  1)全国の主要な都市の活断層図
  2)資料液状化危険度判定マニュアル・H11.4月国土庁
  3)資料・建築基礎構造設計指針・1988年建築学会(最新)
  4)資料・全国の液状化危険度マップ
  5)全国の地震予想図2010.5.20地震調査委員会
  6)地殻変動・関東周辺
  7)地殻変動・北海道・東北地方
  8)地殻変動・近畿地方
  9)地殻変動・九州地方
  10)地盤沈下地域は今後どうなる?国土交通省・産総研
売主の不動産情報告知書2011.6.20改訂版(液状化対策済み)
10 判例・地域全体の土地の性状は物件の瑕疵でない・H15.9.25東京高裁判決全文
   

 以上の情報データは、これまでに液状化対策研究の際に、

 個別に発表してきたものを、体系的に整理したものです。

<特別価格>  液状化現象対策・情報収録ソフト    1個    2,000円(外税)

 

 <ご注意!>

 液状化現象に関する不動産物件調査および売買重要事項説明の際、根拠ある正確な情報がものを言います!

 

 

お申し込みは右のポストから 申込み
 
 

 

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

 
 

エスクロー調査は不動産トラブル事例から誕生しました!