◆ ◆ ◆ 夜 明 け の 声 ◆ ◆ ◆
こんにちは・・・
 

「夜明けの声」のHPに来て下さいまして、ありがとうございます!

今月は、”無題編”です。その時々の時勢をメモリー風に書き込んでみたいと思います。

”エスクローニュース”は月に2回位、発行しています。ご希望の方、不着の方はご面倒でも左記の ”なんでもメール” からお申し込みください。(無料サービス)

 

”アスベスト”ってなに? 書き込み日2005.09.12

 

<無題 第 5話>

 厚生労働省は、2005年7月29日にアスベストに関し、一部、説明をしているので、以下、原文を抜粋掲載いたします。

 「石綿(アスベスト)とは?
 石綿(アスベスト)は、天然に産する繊維状けい酸塩鉱物で「せきめん」「いしわた」と呼ばれています。
 その繊維が極めて細いため、研磨 機、切断機などの施設での使用や飛散しやすい吹付け石綿などの除去等において所要の措置を行わないと石綿が飛散して人が吸入してしまうおそれがあります。以前はビル等の建築工事において、保温断熱の目的で石綿を吹き付ける作業が行われていましたが、昭和50年に原則禁止されました。
 その後も、スレート材、ブレーキライニングやブレーキパッド、防音材、断熱材、保温材などで使用されましたが、現在では、原則として製造等が禁止されています。
 石綿は、そこにあること自体が直ちに問題なのではなく、飛び散ること、吸い込むことが問題となるため、労働安全衛生法や大気汚染防止法、廃棄物の処理及び清掃に関する法律などで予防や飛散防止等が図られています。」

 ここで問題になるのは、「原則として製造等が禁止されている」という言葉ですね。

 言い換えれば、罰則による製造規制はしていないことですね!以下の続編を読めばそれがわかります。

当社では石綿を取り扱う作業を行っているのですが、どのような措置を講じればよいでしょうか?」という質問に対する回答です。


 「石綿を取り扱う作業等として、(1)石綿含有製品を製造・加工する作業等と、(2)石綿が使用された建築物等の解体等の作業について、石綿障害予防規則等に基づいて、主に次のような対策を講ずることが義務付けられています。

(1) 石綿含有製品を製造・加工する作業等
ア .労働安全衛生法関係
 ・ 石綿粉じんが発散する屋内作業場については、粉じんの発散源を密閉する設備、局所排気装置またはプッシュプル型換気装置を設ける。
 ・ 石綿作業主任者を選任し、作業方法の決定、労働者の指揮等の業務を行わせる。
 ・ 石綿製品を切断、穿孔、研磨等する際に、労働者にばく露を防止するための呼吸用保護具、作業衣または保護衣を着用させ、粉じんの飛散を防止するため、石綿製品を湿潤なものにする。
 ・ 屋内作業場については、6か月に1回ごとに空気中の石綿の濃度を測定し、作業環境の状態を評価、改善する。測定の記録は30年間保存する。
 ・ 常時これらの作業に従事する労働者について、6か月ごとに1回、特殊健康診断を実施するとともに、1か月を超えない期間ごとに作業の記録を作成する。健診の記録及び作業の記録は30年間保存する。

イ .大気汚染防止法関係
 工場や事業場で製造や加工する際に特定粉じん(石綿)を発生する次のいずれかの施設(一定規模以上)を設置又は使用しようとする工場又は事業場は、都道府県等へ60日前までに届出が必要なほか、敷地境界基準(大気中の石綿の濃度が1リットルにつき10本以下であること)の遵守、自主測定の義務(6ヵ月に1回以上)と測定結果等の3年間保存が義務づけられています。
 ○ 解綿用機械、混合機、紡織用機械、切断機、研磨機、切削用機械、破砕機及び摩砕機、プレス(剪断加工用のものに限る。)、穿孔機(石綿を含有する製品の製造の用に供する施設に限り、湿式のもの及び密閉式のものを除く。)」


 
 

 
 

エスクロー調査は不動産トラブル事例から誕生しました!