◆ ◆ ◆ エスクロー不動産物件調査マニュアル書 ◆ ◆ ◆

「不動産物件調査の実務マニュアル」 

著者:津村重行

出版社:にじゅういち出版 初版

 

 
待望の図書が出版された!定価45,000円
 

既存の物件調査方法に疑問を呈し、不動産法の限界を示す。

不動産調査の安全ラインを検証し、業者リスク回避には待望のマニュアル図書。

過去のトラブル事例を徹底研究して誕生した、プロ仕様の実務テキスト。

 
トラブル事例が調査項目!
トラブル事例を原則的に調査項目とした。調査する理由を解説。
 
調査項目は146項目!

過去のトラブル事例を整理し、調査項目として146項目を摘出.

システム化した画期的な調査手法を記述。

 
調査の手順を具体的に示す!

実際に役所や現地に行ったときの質問の仕方、歩く順番、チェックする事柄など具体的に掲載。

初心者でも理解しやすい内容になっています。

 
永久保存版の実務専門書!

この図書では法律用語を極力排除。

法律用語は具体的な日常の言葉に言い換え、解りやすくした。

 
プロ仕様の実践図書!

経験豊富なプロ業者も失敗する項目を具体的事例を挙げて解説。

基本から応用編までが一貫した体系書。プロの不動産業者も実務テキストとして最適です

 
エスクローニュービジネスの提案!

サブタイトルを「エスクロービジネスの構築」とし、将来予測されるエスクロー制度にも対応。

消費者契約法で頭を痛めている方に「エスクロー調査」のニュービジネスを提案しています。

 

 初版にあたってご挨拶申し上げます。

 この度、新法令に対応した2013年度版として、初版を出版することができました。

 2002年年6月14日、「不動産物件調査の実務」実務図書の初版以来、

 土壌汚染対策法・不動産登記法の全面改正に始まり、

 耐震診断や石綿使用に関する宅地建物取引業法等の改正に伴い、

 読者諸氏から「実務マニュアルを出版してほしい」という

 強い要望がたびたび寄せられていました。

 本書の出版に関わられた出版会社の先輩諸氏の方々に深く感謝申し上げます。

 日本中で不動産情報開示が求められる時代において、

 「いかに情報を取得するか」という不動産調査ノウハウ図書は

 本書以外には存在しません。

 

 


  <初版における重要ポイント>

「新不動産登記法の改正要点」

「筆界特定制度の調査方法」

「マンション規約共用登記事項の調査方法」

「本人確認の仕方」

「認知症の可能性の調査方法」

「最高裁判例に見る現地照合調査の重要性について」

「聞き取り調査におけるリスク回避方法」

「土壌汚染調査および土壌汚染の可能性の調査方法」

「区画整理地における賦課金清算の仕方」

「開発許認可調査の充実」

「造成宅地防災区域の調査方法」

「法42条2項道路調査の注意点」

「がけ危険ヶ所の調査方法」

「地下鉄調査」

「総合設計制度利用建物の調査方法」

「耐震偽装関連建物の調査方法」

「石綿使用の有無の調査方法」

「地盤調査に関する調査方法」

「給水装置所有者名義人の調査方法」

「送電線境界石の入れ方」

「シロアリ・雨漏り・建物の傾きの簡易調査方法」などを掲載しました。


 以下の資料は、新開発した文書。

「10年保存用聞き取り調査シート」

「石綿製品を製造・加工中の事業場一覧」

「マンション調査チェックリスト」

「売主の情報開示書」「売買付帯設備状況一覧表」

「日本版エスクロー制度図解」

「不動産登記法改正Q&A」

「筆界特定制度Q&A」

「筆界特定申請書」

「底地建物のないこと証明書」

「公図の職権訂正の流れ図」などを新たに開発した書面とともに追加しました。


 折から、平成20年3月1日施行の犯罪収益移転防止法により、

 宅地建物取引業者は不動産売買の際、

 当事者の本人確認および確認書類の7年保存を義務付けられます。

  ますます複雑化する日本での売買重要事項説明に関する法令は、

 膨大なものになろうとしていますが、

 不動産トラブル防止のためのリスク回避は、

 本マニュアルに基づく不動産情報開示によってこそ達成されるということを、

 読者諸氏が実感していただければ幸いです。

 

 


全WWW を検索 サイト内 を検索
☆ 著者 津村重行氏プロフィール!
☆ 著者 新聞掲載記事! コラム”ひと” 住宅新報社
☆ 著者 新聞掲載記事! コラム”社長の素顔” 週刊住宅新聞社

☆ ご注文希望の方は右記からお申し込み下さい!

  にじゅういち出版社(専門図書の出版)

☆ 「日本版エスクローは可能か」 新聞掲載記事!

 

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得