アシタバ(セリ科)
Angelica keiskei (Apiaceae)

関東地方南部と東海、紀伊地方の海岸に生える大型の多年草。花期8~10月。若葉を野菜として用いる。カルコンを含むので切り口は黄色を呈する。名の由来は明日葉で、葉を摘んでも明日にはまた葉が出てくるので名付けられたという。

ashitaba

iOSの場合、Google Chrome・Firefoxでご覧ください。
→戻る:PCmobile(2004.10.2;帝京大学薬用植物園)