タイマツバナ(シソ科)
Monarda didyma (Lamiaceae)

北米東部原産の多年生草本。花期6~8月。花期の全草を同属種ヤグルマカッコウ(M. fistulosa)の代用として芳香健胃、駆風薬とする。精油に富み主成分はチモール(thymol)で、その製造原料とする。ベルガモットとも属称されるが、ミカン科Citrus bergamiaに対する名前でもあるので紛らわしい。

taimatsubana

iOSの場合、Google Chrome・Firefoxでご覧ください。
→戻る:PCmobile(2004.6.23;帝京大学薬用植物園)