ボタンボウフウ(セリ科)
Peucedanum japonicum var. japonicum (Apiaceae)

関東地方~石川県以南の本邦の海岸地帯に生える多年草。花期は6~9月。韓国では根を植防風(ショクボウフウ)と称し、発汗、解熱、鎮痛薬とする。沖縄ではサクナ(チョウメイグサ)と称し葉を野菜として利用する。

botanboufu

iOSの場合、Google Chrome・Firefoxでご覧ください。
→戻る:PCmobile(2004.8.26;帝京大学薬用植物園)