レンテンローズ(キンポウゲ科)
Helleborus orientalis (Ranunculaceae)

欧州原産の常緑多年草。花期12月~2月。葉を麻酔や下剤として用いていたが、強心配糖体ヘレブリンを含むので毒性が強く利用は難しい。本種はしばしばクリスマスローズと称されることが多いが、真のクリスマスローズはH. nigerであり、わが国ではHelleborus属で園芸用に栽培されるものをクリスマスローズと称することが多い。別名をハルザキクリスマスローズともいう。(→関連ページ

rentenrose

iOSの場合、Google Chrome・Firefoxでご覧ください。
→戻る:PCmobile(2003.3.29;長崎県長崎市グラバー邸内)