フジバカマ(キク科)
Eupatorium fortunei (Asteraceae)

関東地方以西の本州、四国の川の土手などに野生する多年草。古代に中国から渡来したとされ、同属の在来種ヒヨドリバナよりずっと少ない。花期8~9月。秋の七草の一つであるが、蘭草(ランソウ)と称して利尿、止渇、通経薬、浴湯剤とする。クマリン誘導体を含む。学名をしばしばE. japonicaで表すことがあるが、それはヒヨドリバナの異名である。

fujibakama

→戻る:PCmobile(2009.10.2;日本新薬薬用植物園)