ギョウジャニンニク(ヒガンバナ科)
Allium victorialis subsp. platyphyllum (Amaryllidaceae)

近畿以北の本州と北海道および東北アジアの亜高山帯に生える多年草で、葉に強いニンニク臭があり、鱗茎はラッキョウに似る。山菜として利用し、アイヌ民族が多用したことからアイヌネギとも呼ばれる。野生品を採集する場合、有毒のスズラン、バイケイソウ類に似ているので注意を要する。

gyojaninniku

iOSの場合、Google Chrome・Firefoxでご覧ください。
→戻る:PCmobile(2009.5.29;仙台市野草園)