ヒレハリソウ(ムラサキ科)
Symphytum officinale (Boraginaceae)

欧州原産の多年草で、根茎または葉を消炎、消腫、強壮または鎮静、外傷などに用いる。花期6~8月。葉がジギタリスと似ているので、誤食で中毒を起こすことがある。別名コンフリーと称し、葉を食用とする。しかし、アリルオキシエステル構造をもつピロリチジンアルカロイド(キク科ノボロギクに多く含まれる)エチミジンが含まれることをもって、厚生労働省は長期摂取によって肝障害の可能性があるとして、ヒレハリソウを食材とする食品の販売を禁止している。

hireharisou

iOSの場合、Google Chrome・Firefoxでご覧ください。
→戻る:PCmobile(2004.5.19;帝京大学薬用植物園)