イブキトラノオ(タデ科)
Bistorta officinalis subsp. japonica (Polygonaceae)

本邦各地の山地から高山の日当たりのよい湿ったところに群生する多年草。花期7~8月。根茎を拳参(ケンジン)と称して止瀉、止血、解毒薬とする。名は伊吹虎の尾で、花穂を虎の尾に見立て、伊吹山に多いことから名付けられた。

ibukitoranoo

iOSの場合、Google Chrome・Firefoxでご覧ください。
→戻る:PCmobile(2004.5.24;東京都薬用植物園)