イヌハッカ(シソ科)
Nepeta cataria (Lamiaceae)

欧州~西アジア原産の多年草。花期は6月~8月。葉と花穂をキャットニップと称し、駆風、興奮薬とする。ハーブティーとしてよく用いられる。ネコに対してマタタビのような効果がある。名は犬薄荷で、ハッカに似ているが役に立たないのでこの名がある。

inuhakka

iOSの場合、Google Chrome・Firefoxでご覧ください。
→戻る:PCmobile(2004.7.17;帝京大学薬用植物園)