カラダイオウ(タデ科)
Rheum rhabarbarum (Polygonaceae)

シベリア南部原産とされる大型多年草。花期4~5月。ショクヨウダイオウと同様、葉柄には酸味があり食用とする。根を和大黄(ワダイオウ)と称し薬用とするが、生薬ダイオウと比べると低品質である。名は唐大黄。

karadaiou
iOSの場合、Google Chrome・Firefoxでご覧ください。
→戻る:PCmobile(2010.5.13;帝京大学薬用植物園)