メハジキ(シソ科)
Leonurus japonicus (Lamiaceae)

本州、四国、九州各地の野原や道端、荒地に生える多年草。花期7~9月。全草を益母草(ヤクモソウ)と称して婦人病、リウマチに用いる。レオヌリン(Leonurine)というアルカロイドを含む。

mehajiki

iOSの場合、Google Chrome・Firefoxでご覧ください。
→戻る:PCmobile(2004.6.12;帝京大学薬用植物園)