ムラサキバレンギク(キク科)
Echinacea purpurea (Asteraceae)

北米原産の多年草で、和名は紫馬簾菊の音訓読みだが、エキナセ(ケ)アとも呼ばれる。北米原住民の伝統薬であったが、免疫力を高める効果があるといわれ、ハーブティーとして人気が高いが、副作用も懸念され、安易な使用は控えるべきである。

murasakibarengiku

iOSの場合、Google Chrome・Firefoxでご覧ください。
→戻る:PCmobile(2013.7.5;武田薬品工業(株)京都薬用植物園)