オニサルビア(シソ科)
Salvia sclarea (Lamiaceae)

欧州~中央アジア原産の多年草。花期4~8月。一般にクラリーセージといわれているものである。生または乾燥葉、種子油を鎮痙、通経薬とする。通常、花はピンクであるがこの写真のものは白花の品種である。この仲間はヤクヨウサルビアタンジンなど薬用にされる種が多いことで知られる一方、アキノベニバナサルビアアメジストセージなどのように専ら観賞用に栽培されるものも多い。同属在来種でもアキノタムラソウキバナアキギリなどがある。

onisalvia

iOSの場合、Google Chrome・Firefoxでご覧ください。
→戻る:PCmobile(2004.6.12;帝京大学薬用植物園)