セイヨウカノコソウ(スイカズラ科)
Valeriana officinalis (Caprifoliaceae)

欧州原産の多年草で、根をワレリアナ根として鎮静薬に用いる。花は、通例、紅色がかったものが多いが、下の写真のように白色もある。成分としてモノテルペン、セスキテルペンに富み、多くは精油として存在し独特の臭気がある。本邦産の同属種にカノコソウがあるが、薬用としては優良として戦前は欧州に大量に輸出された。

seiyokanokosou
iOSの場合、Google Chrome・Firefoxでご覧ください。
→戻る:PCmobile(2005.7.24;英国王立キュー植物園)