セイヨウナツユキソウ(バラ科)
Filipendula ulmaria (Rosaceae)

欧州原産で本邦産シモツケソウF. multijugaに近縁の多年草。花期6~8月。原産地ではQueen of the Meadowと称され、わが国でも観賞用に栽培される。根茎及び花を解熱、利尿薬とし、水腫、リウマチ、通風、尿路結石などに用いる。花は芳香があり、ハーブティーとしても利用される。成分としてサリシン(salicin)、サリチル酸誘導体などが含まれ、特にアスピリン創製の基になったサリシンは本種から初めて純品として得られた(→アスピリンのお話を参照)ことで知られる。

seiyonatsuyukisou

iOSの場合、Google Chrome・Firefoxでご覧ください。
→戻る:PCmobile(2004.5.24;東京都薬用植物園)